妄想力を使えば見つかる妖しい仲の男たち

Prev  «  [ 2017/07 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
プロフィール

きろく

  • Author:きろく
  • 微萌度数を★マークで
    示してみました。
    ★の多いほど『あからさま』
    少ないほど『努力を要す』です。

    本タイトル一覧
    2010・12月末現在)

ブログ内検索
カテゴリー
リンク
フリーエリア

うかれぽんち同盟


CMアニメが面白いのです


無料カウンター

with Ajax Amazon

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福音の少年

 ヒロインもすっかり霞む 陽くんの “ 声 ”

福音の少年 福音の少年
あさの あつこ (2005/07/20)
角川書店
この商品の詳細を見る

16歳の永見明帆は同級生の藍子と交際しているが
いつも醒めた自分を感じて もどかしさに苛まれていた
そんな自分たちを見つめる柏木陽 藍子の幼馴染
同級生ながら今まで会話らしい会話もしたことがなかった相手
そんな陽と言葉を交わした事をきっかけとするように
明帆の周りが 心の内が 激しくざわつきはじめる ・・・・・・


映画 『 バッテリー 』 公開前だねっちゅうことで
あさのあつこさんの本から
バッテリーとはハッキリ毛色の違う一冊
読後スッキリ感のない もやもやとしたものを抱え込まされる作品

明帆くんが 陽くんの “ 声 ” に感じる情動がごっつアレです
携帯から聞こえる陽くんの声なんて もう 大人のちょっとイケナイ電話状態です

眼鏡に隠された陽くんの眼光とかって結局ホッタラカシかい とか
陽くんのキャラが途中で変わっちゃってるじゃん とか
あの人物はどうして明帆くんに誘いをかけたの? とか
いろいろツッコミ所はありますが
明帆くんに拘りを抱える陽くんと彼の声に反応しまくる明帆くんって見所だけで
微萌としては合格か

微萌度:★★ ( 秋庭さんの存在って ・・・・・・ )

テーマ : 腐女子的読書感想
ジャンル : 本・雑誌

C

omments

P

ost omments


T

rackbacks

この記事のトラックバックURL

http://weil.blog6.fc2.com/tb.php/282-54a744fb


今月の1冊とは
毎月1作品
ちょっとニヤリな古典をお届けします。
作品タイトルをクリックすると 
『 青空文庫さま 』 等リンク先サイト様の
作品本文ページが別窓で開きます。

今月の1冊

『人蔘の精』
田中 貢太郎著
青空文庫さま

最近の記事
嬉しやvコメント
嬉しやvトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。