妄想力を使えば見つかる妖しい仲の男たち

Prev  «  [ 2017/06 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  » Next
プロフィール

きろく

  • Author:きろく
  • 微萌度数を★マークで
    示してみました。
    ★の多いほど『あからさま』
    少ないほど『努力を要す』です。

    本タイトル一覧
    2010・12月末現在)

ブログ内検索
カテゴリー
リンク
フリーエリア

うかれぽんち同盟


CMアニメが面白いのです


無料カウンター

with Ajax Amazon

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一瞬の風になれ

 憧れのお兄ちゃん と ずっと共に走りたい友

一瞬の風になれ(全3巻セット) 一瞬の風になれ(全3巻セット)
佐藤 多佳子 (2007/06)
講談社

この商品の詳細を見る

素晴らしいサッカーセンスの持ち主の兄・健一を慕い、
自身もサッカーを続けてきた新二
しかし自分の限界を感じ取り、高校入試を前に進む道に悩んでいた
そんな時 違う中学に通う幼馴染の 連 と再会
天才的な走りを見せる連の姿に心かき立てられた新二は
陸上競技の世界へ引き込まれていく ・・・・・・


高校陸上の世界へ飛び込んだ元サッカー少年・新二と
練習嫌い、マイペース、少々へそ曲がり気味な天才スプリンター・連
彼らのチームメイトやライバル達の成長物語。

正直 三部まで引っ張ることはなかったのじゃないか と思ってしまい×
もっとサクッと行っちゃってもいいような所でグルグルと引っ張り、
その反面、心盛り上がる競技シーンは
スタートまでグルグル引っ張っておきながら
走り出した途端ほとんどスッ飛ばされて
行が変わって 『 レースの結果は ・・・ 』 って×
物足りない感と余計感がごっちゃになった一部二部。
三部でようやく気持ちが入ったかな と思ったら
なんとも中途半端な感じでEND。
もしかしてサブタイトルをああしたかった為だけに三部にしたのか?なんて
失敬なことを思ったり。
期待膨らませて手に取った本だっただけに
ちょっと肩透かし食らった気分で残念×

微萌としては
連の美しい走りに魅了されている新二や部の後輩たちもそれなりに ですが
新二の “ お兄ちゃんへの憧憬 ” が際立って 印象に残りました。
サッカーの天才で 家族の自慢で 朗らかな好男子で
新二君はそんなお兄ちゃんに憧れて、時には傍にいて萎縮してしまう程に好きで ・・・
そんなお兄ちゃんの引力からの脱却の物語でもあったりする本書は
2007年本屋大賞候補作なのだそうです。

微萌度: ( も一つ入り込めなかったんで )

テーマ : 腐女子的読書感想
ジャンル : 本・雑誌

C

omments

ですよね~
私もあんまり色んな人が「良い!!」っていうもんだから、何にも考えずに三巻とも買い占めたんですけど。。。なんなんですかね?あの終わり方↓私も最初から最後まで入り込めなくて、最後の方は読むのが苦痛でした。
もう二度と開かない本NO5には入ると思います。
お兄ちゃんも怪我し損じゃありませんか?だってその後全然出てこないし。
今だにこの本が本屋で平積みされていると「?」と思ってしまいます。
絶対三浦しをんさんの『風が強く吹いている』の方が断然良いのに!!!!
あ、スミマセン。怒りのコメントになってしまいました(汗) 
お許し下さいませ↓↓

ギャー URL | 2008/09/11 10:28 [ 編集 ]

ね~!
ギャーさま!同じような思いで本を閉じた同士ですね!
そうなんですよねぇ 2回目読むことはないなぁって思っちゃいました私も。
でもこの作品ってなんか評判いいですよね。
陸上シーンの評価も高いって … う~ん
私はどうも燃えきれなかったですよ。肝心なとこスカスカ行かれて。
大賞受賞も 「え?」 でした。
『風が強く吹いている』のほうが真っ直ぐな意味でも燃えたし面白い作品でしたよね!

きろく URL | 2008/09/12 17:09 [ 編集 ]

P

ost omments


T

rackbacks

この記事のトラックバックURL

http://weil.blog6.fc2.com/tb.php/272-23e13550


今月の1冊とは
毎月1作品
ちょっとニヤリな古典をお届けします。
作品タイトルをクリックすると 
『 青空文庫さま 』 等リンク先サイト様の
作品本文ページが別窓で開きます。

今月の1冊

『人蔘の精』
田中 貢太郎著
青空文庫さま

最近の記事
嬉しやvコメント
嬉しやvトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。