妄想力を使えば見つかる妖しい仲の男たち

Prev  «  [ 2017/10 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
プロフィール

きろく

  • Author:きろく
  • 微萌度数を★マークで
    示してみました。
    ★の多いほど『あからさま』
    少ないほど『努力を要す』です。

    本タイトル一覧
    2010・12月末現在)

ブログ内検索
カテゴリー
リンク
フリーエリア

うかれぽんち同盟


CMアニメが面白いのです


無料カウンター

with Ajax Amazon

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サンキュー・ジーヴス

 訳者さん曰く 「 ジーヴスとバーティの恋愛小説風長編 」

サンキュー、ジーヴス (ウッドハウス・コレクション) サンキュー、ジーヴス (ウッドハウス・コレクション)
P.G. ウッドハウス (2006/12)
国書刊行会

この商品の詳細を見る

バンジョレレの演奏に夢中のバーティ。ご近所からは苦情の嵐。
バーティは親友チャッフィーからコテージを借り受け、
田舎で大いにバンジョレレを奏でようと転居決行。
しかしジーヴスは辞職を願い出て、さっさと他の雇用主を見つけてしまった。
バーティも新しい執事を雇い入れ、コテージ生活を楽しもうと
チャフネル・レジスへ乗り込んだが ・・・・・・


ジーヴス・バーティもの最初の長編作品。
かなり面白い。次々とツボを突いてくる面白さ。
キレ味よくちょっぴりズレてる会話にひゃぁひゃぁ笑えました。

まず イキナリ衝撃のジーヴス辞職。
ジーヴス以外の執事でバーティ やっていけるのか?との心配もしっかりビンゴ。
あいかわらず色んな目に合ってます。新執事がまた最高(最悪?)なんだ(笑
でも ジーヴスとバーティの縁は切っても切れないように出来ていて。
『 今のジーヴスは他所様の執事だよ 』 ってちょっと言ってあげたくなるくらい
ジーヴスに世話焼かれっぱなしのバーティ。
靴墨塗られてる姿を想像すると可笑しいやら可愛いやら。
色々大変があって大団円、
読んでるこっちがちょっと照れるくらいのハッピーエンド。
訳者さまはあとがきで 「 とことんベタなメロドラマ 」 と面白がっておられます。
何度読んでも ひゃぁひゃぁ笑える素敵な一冊。

微萌度:★★★★ ( ジーヴスを 「 美男 」 と評する言葉が多いのは
バーティの “ 離れてちょっと寂しい ” 思考の影響でしょうか )

テーマ : 腐女子的読書感想
ジャンル : 本・雑誌

C

omments

P

ost omments


T

rackbacks

この記事のトラックバックURL

http://weil.blog6.fc2.com/tb.php/270-a095fe9b


今月の1冊とは
毎月1作品
ちょっとニヤリな古典をお届けします。
作品タイトルをクリックすると 
『 青空文庫さま 』 等リンク先サイト様の
作品本文ページが別窓で開きます。

今月の1冊

『人蔘の精』
田中 貢太郎著
青空文庫さま

最近の記事
嬉しやvコメント
嬉しやvトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。