妄想力を使えば見つかる妖しい仲の男たち

Prev  «  [ 2017/10 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
プロフィール

きろく

  • Author:きろく
  • 微萌度数を★マークで
    示してみました。
    ★の多いほど『あからさま』
    少ないほど『努力を要す』です。

    本タイトル一覧
    2010・12月末現在)

ブログ内検索
カテゴリー
リンク
フリーエリア

うかれぽんち同盟


CMアニメが面白いのです


無料カウンター

with Ajax Amazon

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

近世恋ひともよう

Y売新聞夕刊コラム 【 近世恋ひともよう 】

『 小鳥狩り 獲物用意しカップルに / 嫉妬の果て 凍死と切腹 』

この “ 近世恋ひともよう ” は
読○新聞の夕刊に不定期に掲載される、
「 日本の古典文学をご紹介 」 という体の記事です。
さて 5月16日現在26回を数えるこのコラムで
紹介され続けている古典作品とは・・・・・
かの 実録(?)衆道物の傑作 『 男色大鏡 』 なのであります。
微に入り細に渡り解説される武士たちの愛憎。
ちょっとお前さん そりゃ行き過ぎだろ?ってくらいの恋の駆け引き、
果ての嫉妬の愁嘆場 そして切腹 と
可笑しくなっちゃうほどに懸命な殿御同士の愛のさまを
天下の全国紙 “ Y売 ” がカラー挿絵付き でお送りしてくれます。
見出しも毎回勢いよく心擽る微妙なテイストで
読む者のハートを鷲掴み。
ブラボー Y売新聞 

微萌度:★★★ ( 記事は佐伯順子さん。何故 男色大鏡を選んだのか・・・
26回を数え 今後益々ご発展の展望なり。)

C

omments

P

ost omments


T

rackbacks

この記事のトラックバックURL

http://weil.blog6.fc2.com/tb.php/27-e01024b9


今月の1冊とは
毎月1作品
ちょっとニヤリな古典をお届けします。
作品タイトルをクリックすると 
『 青空文庫さま 』 等リンク先サイト様の
作品本文ページが別窓で開きます。

今月の1冊

『人蔘の精』
田中 貢太郎著
青空文庫さま

最近の記事
嬉しやvコメント
嬉しやvトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。