妄想力を使えば見つかる妖しい仲の男たち

Prev  «  [ 2017/08 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
プロフィール

きろく

  • Author:きろく
  • 微萌度数を★マークで
    示してみました。
    ★の多いほど『あからさま』
    少ないほど『努力を要す』です。

    本タイトル一覧
    2010・12月末現在)

ブログ内検索
カテゴリー
リンク
フリーエリア

うかれぽんち同盟


CMアニメが面白いのです


無料カウンター

with Ajax Amazon

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

乱世光芒

 みんな 溺愛 ですよ

乱世光芒―小説・石田三成 乱世光芒―小説・石田三成
嶋津 義忠 (1998/03)
PHP研究所

この商品の詳細を見る

もひとつ石田三成さま本を。左近殿もしっかり登場。
“ 切れ長な目の端整な面持ち ” と繰り返し美男ぶりをアピールされる三成さんは
家臣たちから愛されまくりです。

お話の中心は 三郎左という元伊賀忍の青年。
彼とその妹を三成さんが助けたのが縁でその後ずっと付かず離れずの関係となって ・・・

この三郎左は三成さんより年下なんですが
世の中の酸いも甘いも身に沁みて解っている苦労人。
なので三成さんの理想と生き方を 「 甘い 」 と想いつつ
その行き着く先を見てみたい 信じてみたい とも思ってしまう。
でも 三成さんのやる事言う事がどうにも心配でならなくて
「 この人ほうっておけないや 」 ってなもんで影に日向に駆け回るハメに。

後半から登場の左近殿も、三成さんと会って言葉を交わしてみて
「 なんだか ほっておけない御仁 」 とその後生涯 傍に仕える決意を固めたり。
他にも 三成さんの為なら火の中水の中戦場の白刃の下もなんのその と
愛に溢れた家臣がいっぱい。どうも皆 「 なんだか ほっておけない 」 気分らしい。
いや 三成さんがヘタレってわけでもないんだけど ・・・

微萌度:★★ ( 当の三成さんは女御にハマッて奥方の嫉妬心に凹んでみたり× )

テーマ : 腐女子的読書感想
ジャンル : 本・雑誌

C

omments

P

ost omments


T

rackbacks

この記事のトラックバックURL

http://weil.blog6.fc2.com/tb.php/267-614e591e


今月の1冊とは
毎月1作品
ちょっとニヤリな古典をお届けします。
作品タイトルをクリックすると 
『 青空文庫さま 』 等リンク先サイト様の
作品本文ページが別窓で開きます。

今月の1冊

『人蔘の精』
田中 貢太郎著
青空文庫さま

最近の記事
嬉しやvコメント
嬉しやvトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。