妄想力を使えば見つかる妖しい仲の男たち

Prev  «  [ 2017/06 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  » Next
プロフィール

きろく

  • Author:きろく
  • 微萌度数を★マークで
    示してみました。
    ★の多いほど『あからさま』
    少ないほど『努力を要す』です。

    本タイトル一覧
    2010・12月末現在)

ブログ内検索
カテゴリー
リンク
フリーエリア

うかれぽんち同盟


CMアニメが面白いのです


無料カウンター

with Ajax Amazon

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小説石田三成

 秀吉さまと三成さん 永遠の絆

小説 石田三成 小説 石田三成
童門 冬二 (1996/09)
成美堂出版

この商品の詳細を見る

私にとって “ 歴史上の人物で大好き5本の指に入るお方 ” 三成さん
頭脳派・生真面目 一途で 純粋で
若くて結構美男で 民からも好かれていた三成さん。
それを 徳川万歳路線の本 などでは
“ セコくて人を見下した態度の かなり嫌な奴 ” と描かれていたりして
悔しい想いをすることも多いのですが
本書は 「 敗れた側の人間を描かせると天下一 」 の童門冬二氏が
三成さんの少年期から最後までを 可愛く素敵に書いてくださっています。

秀吉さまと三成さんの絆がイイです。
皆の前で秀吉さまから信認の心を示されて赤面しながら喜ぶ三成さんが可愛いです。
義兄弟の約を交わした直江兼続殿との 「 目線で会話 」 もイイです。

島左近殿の出番がほとんどないのが残念ですが
この作品は 秀吉さまと三成さん を楽しむ方向で充分ヨシッです

微萌度:★★ ( 永久に主従睦まじくv )

テーマ : 腐女子的読書感想
ジャンル : 本・雑誌

C

omments

P

ost omments


T

rackbacks

この記事のトラックバックURL

http://weil.blog6.fc2.com/tb.php/266-49a49a23


今月の1冊とは
毎月1作品
ちょっとニヤリな古典をお届けします。
作品タイトルをクリックすると 
『 青空文庫さま 』 等リンク先サイト様の
作品本文ページが別窓で開きます。

今月の1冊

『人蔘の精』
田中 貢太郎著
青空文庫さま

最近の記事
嬉しやvコメント
嬉しやvトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。