妄想力を使えば見つかる妖しい仲の男たち

Prev  «  [ 2017/09 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  » Next
プロフィール

きろく

  • Author:きろく
  • 微萌度数を★マークで
    示してみました。
    ★の多いほど『あからさま』
    少ないほど『努力を要す』です。

    本タイトル一覧
    2010・12月末現在)

ブログ内検索
カテゴリー
リンク
フリーエリア

うかれぽんち同盟


CMアニメが面白いのです


無料カウンター

with Ajax Amazon

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

笑の大学 映画版

 映画版はもの凄く微萌 グッジョブ★

笑の大学 スペシャル・エディション 笑の大学 スペシャル・エディション
役所広司、稲垣吾郎 他 (2005/05/27)
東宝

この商品の詳細を見る

監督:星 譲 原作;三谷幸喜
出演:役所広司 稲垣吾郎

元々は1996年に二人芝居として書かれた作品
検閲官・向坂を西村まさひこ氏 作家・椿を近藤よしまさ氏で上演
読売演劇大賞・最優秀作品賞を受賞。
ものすっごく好きな作品なんです。
舞台版を観ている時は微萌とか関係なく好きでした。
まだTVで “ 例の役 ” をやられる前の、
どちらかというと冷たい、怖い、権力者側の役をやられることの多かった頃の西村氏と
朴訥な風の堅実な近藤氏
おふたりの作り出す空間、時間を観たくて繰り返し観たものです。
本当によく笑わせられ、痛みを感じ、涙した作品。
三谷さんの作品中でも一番好き。


それを映画にしたら。
やっぱり二人だけって訳にはいかなくて、
場面も一部屋限定ともいかなくて 色々付け加えられていたのですが。
それらはほとんど向坂さんのキャラクターにプラス作用した気がします。
劇場へ惹かれる向坂さんとか 台本を持ち帰って笑っている向坂さんとか ・・・・・・


何故か微萌度がぐんとUPしていた映画版。
西村さんと役所さんのカラーの違いのお蔭が大きいんでしょうかね。
椿氏を演じた吾郎ちゃんも 白い根菜的芝居ではありましたが
それがかえって 「 笑いが好きで芝居が好きで心から喜劇を愛する椿氏 」 の
一途さを感じさせたりして どんどん可愛い奴に見えてくる。
( 吾郎氏も 脚本家になった経緯を話している場面とか 七日目の表情とか
「 根菜なんて言ってごめんなさい 」 な良い芝居をしておられる所もあります
  とフォロー。  いやほんと 私結構好きです映画の椿さん )
で、その一途に純粋に可愛い、才能に溢れた若者椿氏に影響され
だんだんと芝居に、劇場に、椿氏に惹かれていく向坂さん。
それが映画版はすっごいアレなんです。
いかんっ 思い出すだけで笑えてニヤケてくるっ

今さっき久々にDVD見直した所なので かなり興奮してます はぁはぁ
まだご覧になったことがなければ
映画はレンタルにも出てますんで是非観てみてくださいませ。
まずは純粋に 笑いと あの時代の日本と 痛み切なさ等々を味わってください。
そして二回目、ちょっと気になった微萌な感じを再確認しつつ観てください。
そして三回目、微萌を確信しつつ再びじっくり味わってください。
余裕がありましたら 舞台版も是非ぜひご覧ください。
パルコの三谷氏サイトで販売してますよ ( 西村氏最高ッス )

微萌度:★★★★ ( 最後の廊下のシーンなんかは映画ならではのいい場面、
そして微萌 )

テーマ : 腐女子的読書感想
ジャンル : 本・雑誌

C

omments

P

ost omments


T

rackbacks

この記事のトラックバックURL

http://weil.blog6.fc2.com/tb.php/263-3e49a3d4


今月の1冊とは
毎月1作品
ちょっとニヤリな古典をお届けします。
作品タイトルをクリックすると 
『 青空文庫さま 』 等リンク先サイト様の
作品本文ページが別窓で開きます。

今月の1冊

『人蔘の精』
田中 貢太郎著
青空文庫さま

最近の記事
嬉しやvコメント
嬉しやvトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。