妄想力を使えば見つかる妖しい仲の男たち

Prev  «  [ 2017/11 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  » Next
プロフィール

きろく

  • Author:きろく
  • 微萌度数を★マークで
    示してみました。
    ★の多いほど『あからさま』
    少ないほど『努力を要す』です。

    本タイトル一覧
    2010・12月末現在)

ブログ内検索
カテゴリー
リンク
フリーエリア

うかれぽんち同盟


CMアニメが面白いのです


無料カウンター

with Ajax Amazon

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風が強く吹いている

 銭湯帰りと万引き逃走中 運命の出会い

風が強く吹いている 風が強く吹いている
三浦 しをん (2006/09/21)
新潮社

この商品の詳細を見る

清瀬灰二と蔵原走
走ることに魅了され、走る才能に恵まれ、走ることを何より愛し
故に走ることから遠ざかりかけていた二人が出逢った時すべては始まった。
灰二が声を上げる 「 君たちに頂点を見せてやる 」
走ることとは無縁の8人を巻き込んで 彼らが目指すのは ・・・・・・


超青春物語
走ることに全力で向かっていく男たちの姿が心地よい。
「 実際にそれはムリ 」 などと醒めた目で見ないで
彼らに乗っかって楽しみましょう。

ハイジ先輩と走がとても気持ちよくイイです。
走の走りに文字通り惚れこむハイジ先輩。
清瀬灰二という人間を心から信頼し慕う走。
この二人、きっと一生モンの仲です。

ハイジの高校時代の同窓 藤岡さんの存在も素敵です。
大学でもハイジと共に走れることを夢みていた藤岡さん。
遠くからチラッと姿を見ただけでハイジの体調を判ってしまう藤岡さん。
クライマックスで走と ガチで勝負 という展開になるあたりなんて ・・・ フフフフフ

邪目線を除いても なんとも気持ちよく面白い作品です。
苦しみながらも懸命に走る姿とそれを支える者たちの姿に
不覚にもウルッときちゃったり。
いいですよ ほんと。

微萌度:★★★★ ( 少年コミック誌とかで連載されててもアリな雰囲気 )

テーマ : 腐女子的読書感想
ジャンル : 本・雑誌

C

omments

嬉しくなります
この本(^^)気まぐれ猫も好きです♪
ねずみのとうさんアナトールを検索していて偶然このブログに出会いました。
同じような感想を持ってる方を見つけたら嬉しくなります!

気まぐれ猫 URL | 2008/01/10 09:48 [ 編集 ]

至福
気まぐれ猫さま こんにちわ

>同じような感想を持ってる方を見つけたら嬉しくなります!

私もっ!このようにコメント頂けることが至福でございますv
この『風が・・・』は近年のMyお気に入りベスト10に入る好き作品です。
“一筋に懸ける男たち”モノに弱いです。ウルッとかニヤっとかキテしまいます。

『・・・アナトール』
コメントを拝見して、また読みたくなり本棚から取り出してきました。
何度読んでも相棒ガストンの存在がツボでv
あ。今年はねずみ年なんですねぇ。

きろく URL | 2008/01/11 21:39 [ 編集 ]

P

ost omments


T

rackbacks

この記事のトラックバックURL

http://weil.blog6.fc2.com/tb.php/259-7ba1877d


今月の1冊とは
毎月1作品
ちょっとニヤリな古典をお届けします。
作品タイトルをクリックすると 
『 青空文庫さま 』 等リンク先サイト様の
作品本文ページが別窓で開きます。

今月の1冊

『人蔘の精』
田中 貢太郎著
青空文庫さま

最近の記事
嬉しやvコメント
嬉しやvトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。