妄想力を使えば見つかる妖しい仲の男たち

Prev  «  [ 2017/08 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
プロフィール

きろく

  • Author:きろく
  • 微萌度数を★マークで
    示してみました。
    ★の多いほど『あからさま』
    少ないほど『努力を要す』です。

    本タイトル一覧
    2010・12月末現在)

ブログ内検索
カテゴリー
リンク
フリーエリア

うかれぽんち同盟


CMアニメが面白いのです


無料カウンター

with Ajax Amazon

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

相棒 『 バベルの塔 』 その1

大晦日から元旦跨ぎの時間帯の事件ということで
各人の私生活が垣間見えてほのぼの楽しく、
ネタの提供としても有難いスペシャルでした。

伊丹さんの 独り正月の呪い から始まった今回の事件。
空撮に大爆破にとお金も力もいっぱい注がれた展開。
あのラストは お正月特番ってことを考慮して なんでしょうな。
いつもの相棒だったなら
親子三人とも哀しい結末
富永先生、ちょっとしたイメージアップに利用 悲劇の人物づらでインタビュー 
って感じで 不快感と無力感と遣る瀬無さが残る終わり方してそうな気がします。
ハッピーエンドな感じで終わって充分満足できたんでヨシッですが。

満足といえば
今回のスペシャルではレギュラー陣が 蚊帳の外の人 ではなく
ちょこちょこと活躍の場があったのが嬉しかったですよ。
角田さんがしっかり働いてらしたし、
トリオ・ザ・捜一は 銃にアワアワ 外回りでアワアワ もあり、
彼ららしくてイイ味だったし、
独り正月組の米沢さんも嬉しそうに働いてたし。
( 脅威の携帯画像解析力は米沢パワーの為せる技なのか
  はたまた警察技術の勝利なのか あんなにハッキリ出るもんスか? )

そして忘れちゃならない準レギュラーの 例の彼
大河内春樹氏ッ
彼についてはあんまり嬉しいんで別枠で。 

もうひとりのお楽しみ 小野田さん
今年も右京さんを引っ張りまわしてくれて
オチは 特命係コンビとニヤリ小野田さん。
こちらのツボだけシッカリ抑えての登場でした。
踊りたかったの小野田さん? それとも踊る右京さんを見たかったとか。

新春スペシャルの スペシャルな人だったのが
針の穴でも通す腕前 必中のスナイパー
野田警部補!
事件の最後、屋上の場面。
うるうるだった私の眼から 一瞬にして涙を消し去り、
爆笑させた男!
ずっとそこにいたのか貴方! ごめん忘れてたよ
きっと大河内さんも忘れてるよ 寒い中ごくろうさま!

いやぁ ほんとに面白かったです 今回のスペシャル。
やっぱりイイわ相棒

( 子役の女の子 フィギアスケートの中野由加里さんに似てません? )

テーマ : 腐女子的読書感想
ジャンル : 本・雑誌

C

omments

P

ost omments


T

rackbacks

この記事のトラックバックURL

http://weil.blog6.fc2.com/tb.php/250-af217c8c


バベル
miyuuの日記 | 2007.01.26
バベルバベル (Babel)* バビロンのギリシア語名。「神の門」と言う意味* バベルの塔* バベル (映画) - 2006年の映画|映画作品。アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ
今月の1冊とは
毎月1作品
ちょっとニヤリな古典をお届けします。
作品タイトルをクリックすると 
『 青空文庫さま 』 等リンク先サイト様の
作品本文ページが別窓で開きます。

今月の1冊

『人蔘の精』
田中 貢太郎著
青空文庫さま

最近の記事
嬉しやvコメント
嬉しやvトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。