妄想力を使えば見つかる妖しい仲の男たち

Prev  «  [ 2017/07 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
プロフィール

きろく

  • Author:きろく
  • 微萌度数を★マークで
    示してみました。
    ★の多いほど『あからさま』
    少ないほど『努力を要す』です。

    本タイトル一覧
    2010・12月末現在)

ブログ内検索
カテゴリー
リンク
フリーエリア

うかれぽんち同盟


CMアニメが面白いのです


無料カウンター

with Ajax Amazon

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

虚の王

 いつも声が聞こえるんです

虚(うつろ)の王 (光文社文庫) 虚(うつろ)の王 (光文社文庫)
馳 星周 (2003/09)
光文社

この商品の詳細を見る

かつて渋谷で恐れられたチーム金狼の元メンバー新田隆弘
今はチンピラに顎で使われる存在になり 薬の売人として渋谷をうろつく日々
その渋谷で今 密かに恐れられている高校生 渡辺栄司
普通のひ弱な優等生にしか見えないエイジが何故それほどに恐れられるのか
エイジとの出会いで隆弘のすべてが狂い始める ・・・・・・


『 11月の読書家 』 の霜月うまれ様 に薦めていただいて手にした一冊(多謝)
一気に読んじゃいました★
『 長篇暗黒小説 』 とある通り、かなりの暗黒ぶり。
エイジは空恐ろしい少年です。やっちゃんより遥かに恐ひ×
顔が可愛いだけに中身とのギャップが余計に恐い。
「 なんとも思わない 」 って一番恐い。
あれこれ思いまくりの隆弘さんが敵うわけないや。

その隆弘さんが色々イイです。
昔の仲間・拓 に対してかなり複雑な想いを抱えつつ拘ってるのがなんだかイイです。
無自覚にかなりの拘りっぷりです。精神面でアレな対象ですね。
時々脳裏にチラツク千春の存在もイイです。こちらは肉体的に自覚を迫る存在で。
で 結局それが全部エイジに繋がっちゃうと。
その辺もエイジには全部読まれてたのかな ・・・ あぁ恐い

微萌度:★★★ ( 『11月の読書家』さまにも本書の紹介記事がありまする。
感想もニヤリな話もいっぱい♪私も日参中 )

テーマ : 腐女子的読書感想
ジャンル : 本・雑誌

C

omments


楽しんでもらえて何よりです~。

>「 なんとも思わない 」 って一番恐い。

ほんとですよね。
話を通じないのがこんなに怖いことなのか、と。
それにしても隆弘は萌えのために頑張ってくれました(笑)
拓から千春からエイジと、隆弘の恋愛過程(笑)がよく書かれていて。

馳さんはホント、いい仕事をしてくれます、うん!

霜月うまれ URL | 2006/12/19 12:08 [ 編集 ]


本当に馳さんイイですね
他の未読作も追々読んでみようと思います。
『不夜城』もまだ読んでないんです ・・・ (汗

きろく URL | 2006/12/21 14:03 [ 編集 ]

P

ost omments


T

rackbacks

この記事のトラックバックURL

http://weil.blog6.fc2.com/tb.php/242-22a821de


今月の1冊とは
毎月1作品
ちょっとニヤリな古典をお届けします。
作品タイトルをクリックすると 
『 青空文庫さま 』 等リンク先サイト様の
作品本文ページが別窓で開きます。

今月の1冊

『人蔘の精』
田中 貢太郎著
青空文庫さま

最近の記事
嬉しやvコメント
嬉しやvトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。