妄想力を使えば見つかる妖しい仲の男たち

Prev  «  [ 2017/11 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  » Next
プロフィール

きろく

  • Author:きろく
  • 微萌度数を★マークで
    示してみました。
    ★の多いほど『あからさま』
    少ないほど『努力を要す』です。

    本タイトル一覧
    2010・12月末現在)

ブログ内検索
カテゴリー
リンク
フリーエリア

うかれぽんち同盟


CMアニメが面白いのです


無料カウンター

with Ajax Amazon

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

皆月

 自分らしく居られる相手

皆月 (講談社文庫) 皆月 (講談社文庫)
花村 萬月 (2000/02)
講談社

この商品の詳細を見る

コツコツ貯めた一千万の貯金と共に妻に逃げられた、パッとしない中年男・諏訪徳雄
妻が残した置き手紙の謎めいた言葉 「 みんな月でした 」
その言葉の意味するところも判らぬまま 義弟アキラの助けを借りつつ
妻の行方探しを始めるのだが ・・・・・・


やっさんもヒクほどの悪野郎アキラくんがイイです。
大胆にして繊細、神経質な寂しがりや。
愛情表現の仕方がちょっと間違ってるので愛され側はかなり迷惑を蒙ったりしますが
どうにも憎めない奴で。
愛され側の人物は義理の兄さん、嫁に逃げられた中年男の徳雄さんです。
徳雄さんがアキラくんへの理解を深めていくほどに
アキラくんの素直な面が顔を出し かなり可愛いです。

この作品は 奥田瑛二氏主演で映画化されたそうで。 ( 私は未見 )
賛美両論あり。想い入れの部分によって評価が分かれているようです。
アキラ役は北村一輝氏。う~ん×
オチが原作と違っているそうなんで 機会があれば見てみよう。うん 暇だったら ・・・

微萌度:★★★ ( やっさんの若・我孫子さんがいい男 )

テーマ : 腐女子的読書感想
ジャンル : 本・雑誌

C

omments


北村出演の「皆月」大胆不敵で鬼畜だけどデリケートで優しいアキラ君北村一輝にぴったりでしたね。
新人賞総なめにしたしNHK大河に出るきっかけにもなった作品です。
赤いダッフルコートのアキラ乱暴者だけど可愛らしくて一輝ちゃんと監督との対談が付いてるDVDアマゾンで4万円近くの高値が付いて入手困難だそうです。彼の作品のルナテックなど軒並み高値付いてますが母性本能くすぐる愛くるしさの為か年配の女性達に人気ですね。

yo URL | 2006/12/05 15:39 [ 編集 ]


大河ドラマ
あの、主役を喰いまくっていた頼綱殿ですねv
(あの大河も色んな目線から楽しませていただいた記憶が ・・・)
『皆月』DVDは入手困難な勢いなんですかっ
これはチャンスがあれば逃さず見ておくべし ですね。
yoさま ありがとうございます。

きろく URL | 2006/12/05 20:23 [ 編集 ]

はじめまして
初めましてこんにちは。
以前から足を運ばせてもらってたんですが、なかなかきっかけがつかめず今更のようにご挨拶。

皆月は萌えますよね。
アキラ君の歪んだ愛情表現とか、ほんとに。
最後まで仲良しですもんね。
花村さんの小説は、けっこうどれも萌えるのでお薦めです。
私もDVD見たことないんですが、見てみようかなあ。

霜月うまれ URL | 2006/12/06 21:10 [ 編集 ]


霜月うまれ様はじめまして
花村さん作品は ちょくちょく心擽りますよねぇ。
ボコボコになりながら這いずる男と
器用なくせに生き方が不器用な男とか・・・ フフフ
北方謙三さん作品とかもお好きですか?
あの方も意味深な書き方をしてくれたりで
かなり心擽りますよね ウフフフフ

きろく URL | 2006/12/08 15:27 [ 編集 ]

北方謙三作品
好きです好きです。
とは言っても、ブラディ・ドールシリーズしか読んでないんですが・・・。
ハードボイルドというか男の世界は絆が深くてムフフのし通しですよ。
水滸伝も気になってるんですが、中華物はとっつきにくくて今のところ足踏み状態です(汗)

霜月うまれ URL | 2006/12/09 00:46 [ 編集 ]

ブラディドール
あのシリーズには凄まじくハマりました。
っていうかズルズルとハマり続けています。弁護士さん贔屓です。
ブラディは宝本ですねぇ。
あれを読んでると何故だか飲酒量が増えていけません(笑

水滸伝は10巻くらいまで読んでたのですが
続きはなんとなく手をつけず×
漢萌えという意味では充分な作品だったと記憶してるんですが ・・・・・・

きろく URL | 2006/12/10 14:12 [ 編集 ]

P

ost omments


T

rackbacks

この記事のトラックバックURL

http://weil.blog6.fc2.com/tb.php/234-0bc343aa


今月の1冊とは
毎月1作品
ちょっとニヤリな古典をお届けします。
作品タイトルをクリックすると 
『 青空文庫さま 』 等リンク先サイト様の
作品本文ページが別窓で開きます。

今月の1冊

『人蔘の精』
田中 貢太郎著
青空文庫さま

最近の記事
嬉しやvコメント
嬉しやvトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。