妄想力を使えば見つかる妖しい仲の男たち

Prev  «  [ 2017/10 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
プロフィール

きろく

  • Author:きろく
  • 微萌度数を★マークで
    示してみました。
    ★の多いほど『あからさま』
    少ないほど『努力を要す』です。

    本タイトル一覧
    2010・12月末現在)

ブログ内検索
カテゴリー
リンク
フリーエリア

うかれぽんち同盟


CMアニメが面白いのです


無料カウンター

with Ajax Amazon

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

正チャンの冒険

 正チャン帽って知ってるかい?

正チャンの冒険 正チャンの冒険
樺島 勝一、織田 小星 他 (2003/11)
小学館クリエイティブ

この商品の詳細を見る

三頭身の親父小僧 から 五頭身の愛らしい少年 に変わっていく正チャン と
強引にリスと言い切るミーアキャットっぽい姿の生き物 から
太ったウサギに大きな尻尾を付けた感じの怖い生き物 に変わっていったリス
このコンビが チョコチョコと冒険をしてまわるお話。
って なんかトンデモな説明ですが
中期の正チャンは 愛らしいお顔の知的な少年ですし
後期の五頭身正チャンなんて なかなかの美少年ぶり。
コマ全体に丁寧に描きこまれたアールヌーボーな世界の漫画です。
冒頭にあんな↑説明しておいて何ですが 芸術的美満載な漫画です。

苦境を正チャンに救われたリスくんは
わが身我が一生を正チャンに捧げる覚悟でいるようです。
リスを助けた正チャンも丁寧な口調の正しい少年 ・・・・・・ と思いきや
ちょっと付き合いが長くなった頃には
「 おい、リス 」 とすっかり “ 上から口調 ”
この 横柄な王さまっぷり がちょっと素敵。

微萌度: ( 正チャンは 「新聞社の少年記者という肩書きをもつ孤児」 という
裏設定があるそうな ) 

テーマ : 腐女子的読書感想
ジャンル : 本・雑誌

C

omments

P

ost omments


T

rackbacks

この記事のトラックバックURL

http://weil.blog6.fc2.com/tb.php/218-f72096af


今月の1冊とは
毎月1作品
ちょっとニヤリな古典をお届けします。
作品タイトルをクリックすると 
『 青空文庫さま 』 等リンク先サイト様の
作品本文ページが別窓で開きます。

今月の1冊

『人蔘の精』
田中 貢太郎著
青空文庫さま

最近の記事
嬉しやvコメント
嬉しやvトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。