妄想力を使えば見つかる妖しい仲の男たち

Prev  «  [ 2017/11 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  » Next
プロフィール

きろく

  • Author:きろく
  • 微萌度数を★マークで
    示してみました。
    ★の多いほど『あからさま』
    少ないほど『努力を要す』です。

    本タイトル一覧
    2010・12月末現在)

ブログ内検索
カテゴリー
リンク
フリーエリア

うかれぽんち同盟


CMアニメが面白いのです


無料カウンター

with Ajax Amazon

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海の上のピアニスト 映画版

 やっぱりラストは涙でズルズル

海の上のピアニスト 海の上のピアニスト
ティム・ロス、ブルート・テイラー・ヴィンス 他 (2004/04/23)
パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン

この商品の詳細を見る

監督:ジュゼッペ・トルナトーレ
出演:ティム・ロス ブルート・テイラー・ヴィンス

原作は微萌度★5つの 海の上のピアニスト
超絶素晴らしいピアノ演奏だとか 言葉では表せない美しい調べ とかを
現実化するのは もの凄く難航したことだろうと ・・・・・・
ラストの展開の衝撃度は原作のほうが強いかも。
映画版では どうしようもない無力感・やるせなさが強く襲ってきます。

嵐の夜のピアノダンスの場面と その後の石炭にゴロ寝しての会話のシーンは
とてもヨロシカッたです、1900の楽しげな顔が♪
ジャズ対決のシーンも興奮しましたよ。(あの演奏は全部凄いよッ)
対決相手のピアノに惚けてる1900の後頭部を
マックス(語り部さん)がスパーンと叩くのがもう ふふふ
残念なのは 下船するマックスと1900のお別れ前夜のセッションのシーン。
心触れ合う最高のセッションが軽く流されてしまって あぁ悲しい×

全体的に観て 原作からの変更・付け足し諸々がそれほど苦になるものでなく、
最後は素直に号泣させていただけました。
とても素敵な作品でした。 いいもの観た。
( ★の数は少なめですが これはあくまで微萌度ですから )

微萌度:★★ ( 二人が一緒にいるシーンの観せ方で ね。
どうしても原作の 「 文章から脳内で展開される映像 」 パワーには負けまする )

テーマ : 腐女子的読書感想
ジャンル : 本・雑誌

C

omments

P

ost omments


T

rackbacks

この記事のトラックバックURL

http://weil.blog6.fc2.com/tb.php/213-cd40e57c


今月の1冊とは
毎月1作品
ちょっとニヤリな古典をお届けします。
作品タイトルをクリックすると 
『 青空文庫さま 』 等リンク先サイト様の
作品本文ページが別窓で開きます。

今月の1冊

『人蔘の精』
田中 貢太郎著
青空文庫さま

最近の記事
嬉しやvコメント
嬉しやvトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。