妄想力を使えば見つかる妖しい仲の男たち

Prev  «  [ 2017/11 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  » Next
プロフィール

きろく

  • Author:きろく
  • 微萌度数を★マークで
    示してみました。
    ★の多いほど『あからさま』
    少ないほど『努力を要す』です。

    本タイトル一覧
    2010・12月末現在)

ブログ内検索
カテゴリー
リンク
フリーエリア

うかれぽんち同盟


CMアニメが面白いのです


無料カウンター

with Ajax Amazon

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

運命は剣を差し出す 1~3

 青年・おっさんスキーに嬉しい いい歳した傭兵さんたち

オンライン書店ビーケーワン:運命は剣を差し出す 1

駒崎 優著 【 運命は剣を差し出す バンダル・アード=ケナード 】

医師ヴァルベイドは戦場跡で 脚を負傷し身動き出来ずにいる男に出会う。
白い狼に守られたその男は 名高き傭兵隊長ジア・シャリースだった。


微萌ってんじゃないですね BL部門に激近な作品ですよね。
まぁ シリーズ第二章出版記念ってことで。

ファンタジーですが 魔法がルルル とか 妖術師がドロロ とかいうのではなく
長い戦が続く世界で傭兵として戦う男たちの戦闘と駆け引きの物語。
シリーズタイトルの “ バンダル・アード=ケナード ” っていうのは
ジア・シャリースを隊長にいただく有能な傭兵団の名前。
今後の見所としては 「 愛している 」 発言を繰り返すマドゥ・アリに対して
ジア・シャリースがどうリアクションをとっていくのか、
またそれは商業誌上で読むことができるのか、
はたまた作家さまの同人誌を入手せねばならないのか という所でしょうか。
( いや もっと他に見所あるから× )

微萌度:★★ ( ちなみに新刊は 【 あの花に手が届けば 】 )

テーマ : 腐女子的読書感想
ジャンル : 本・雑誌

C

omments

P

ost omments


T

rackbacks

この記事のトラックバックURL

http://weil.blog6.fc2.com/tb.php/200-112878a5


今月の1冊とは
毎月1作品
ちょっとニヤリな古典をお届けします。
作品タイトルをクリックすると 
『 青空文庫さま 』 等リンク先サイト様の
作品本文ページが別窓で開きます。

今月の1冊

『人蔘の精』
田中 貢太郎著
青空文庫さま

最近の記事
嬉しやvコメント
嬉しやvトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。