妄想力を使えば見つかる妖しい仲の男たち

Prev  «  [ 2017/08 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
プロフィール

きろく

  • Author:きろく
  • 微萌度数を★マークで
    示してみました。
    ★の多いほど『あからさま』
    少ないほど『努力を要す』です。

    本タイトル一覧
    2010・12月末現在)

ブログ内検索
カテゴリー
リンク
フリーエリア

うかれぽんち同盟


CMアニメが面白いのです


無料カウンター

with Ajax Amazon

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【モルグ街の殺人】他

『 僕たちは完全に僕たち二人だけの世界で生きていたのだった・・・ 』

エドガー・A.ポー著 【 モルグ街の殺人 】

探偵小説の有名処 デュパン物 
“モルグ街・・・”“マリ・ロジェエの迷宮事件”“盗まれた手紙”の三作。
繰り返し読んでしまう小説の内のひとつ。我がお気に入りのデュパン君♪
作中 一度も名前の出てこない【語り部】君とデュパンの繋がり方は
もう最高に “そういう間柄”
“モルグ街・・・”での同居(いやさ同棲)生活の描写なんて
もう 『 愛の巣を覗いた感 満喫 』 ですよ♪

実際にあった事件を下敷きに書かれたデュパン物2作目“マリ・ロジェエ・・”は
明快に 「事件解決!」 というスタイルの話ではないせいか、
私的には いまひとつ面白みには欠ける話なのだけどそんな中でも 
延々と語られる捜査への疑問提示シーンでは
『 デュパンは語り部くんに“後ろから抱っこ”された状態なんじゃないの? 』
なんて妄想してしまうと とんでもなく楽しい作品に感じられます。
(語り部くんの態度が妄想の手助けしてくれますから安心です)

ポオ自身の手になる デュパンもの は僅か三作しかないのはとても残念。
こんなに魅力的な二人なのに・・・・・
他の作家さんの手による物でもいいです。
デュパンと語り部くんを扱った小説をご存知の方。
よかったら 教えてください。お願いします。

妄想度:★★★★★(作者が「妄想しろっ」て言ってるようなもの)

C

omments

P

ost omments


T

rackbacks

この記事のトラックバックURL

http://weil.blog6.fc2.com/tb.php/2-e5e95e89


今月の1冊とは
毎月1作品
ちょっとニヤリな古典をお届けします。
作品タイトルをクリックすると 
『 青空文庫さま 』 等リンク先サイト様の
作品本文ページが別窓で開きます。

今月の1冊

『人蔘の精』
田中 貢太郎著
青空文庫さま

最近の記事
嬉しやvコメント
嬉しやvトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。