妄想力を使えば見つかる妖しい仲の男たち

Prev  «  [ 2017/10 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
プロフィール

きろく

  • Author:きろく
  • 微萌度数を★マークで
    示してみました。
    ★の多いほど『あからさま』
    少ないほど『努力を要す』です。

    本タイトル一覧
    2010・12月末現在)

ブログ内検索
カテゴリー
リンク
フリーエリア

うかれぽんち同盟


CMアニメが面白いのです


無料カウンター

with Ajax Amazon

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

暗黒館の殺人

綾辻 行人著 【 暗黒館の殺人 】

オンライン書店ビーケーワン:暗黒館の殺人 上

『 「 何故、選ばれたのが私だったのですか。 よりによってこの私が 」
  「 出会ってしまったから、だよ ・・・ この春に君と出会って、俺は ・・・ 」 』


九州の山深く、世上から隔絶された異形の館・暗黒館。
黒一色に塗りつぶされたその館を統べる謎めいた一族・浦登家の
主家長男・玄児に招かれた大学生 < 中也 > は
一族の秘められた宴 “ ダリアの宴 ” に強引に参加させられ奇妙な体験をする。
その宴の意味するものは ・・・・・?
館で起こる連続殺人の犯人は ・・・・・?


館シリーズ 7作目。
( といって 私は館シリーズは全部読んではいませんですが。)

まず 上下巻のそのボリュームに負けてはいけません。
確かに分厚いですが 玄児さんと中也くんを見つめているうちに
ページはサクサク捗りますから♪

物語自体は
提示される謎(違和感)の解消とか 事件の謎解きとか
予想しながら読んでいたら 当たらずとも遠からず な感じだったりしましたが
面白いです。

ってか何しか
玄児さんが中也くんに対して醸し出すムードとか 触り方とか 見つめ方とか
かなり アレ です。
そんなシーンが各所に散りばめられているので
頬が揺るんでいるうちに読み終わっちゃう そんな作品。

微萌度:★★★★ ( 玄児さんの・・・! 眠る中也くんに・・・! 血 って・・・! 
  ふふふふふ )

テーマ : 腐女子的読書感想
ジャンル : 本・雑誌

C

omments

P

ost omments


T

rackbacks

この記事のトラックバックURL

http://weil.blog6.fc2.com/tb.php/186-e14ab06c


今月の1冊とは
毎月1作品
ちょっとニヤリな古典をお届けします。
作品タイトルをクリックすると 
『 青空文庫さま 』 等リンク先サイト様の
作品本文ページが別窓で開きます。

今月の1冊

『人蔘の精』
田中 貢太郎著
青空文庫さま

最近の記事
嬉しやvコメント
嬉しやvトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。