妄想力を使えば見つかる妖しい仲の男たち

Prev  «  [ 2017/10 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
プロフィール

きろく

  • Author:きろく
  • 微萌度数を★マークで
    示してみました。
    ★の多いほど『あからさま』
    少ないほど『努力を要す』です。

    本タイトル一覧
    2010・12月末現在)

ブログ内検索
カテゴリー
リンク
フリーエリア

うかれぽんち同盟


CMアニメが面白いのです


無料カウンター

with Ajax Amazon

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

闇の戦い4 樹上の銀

スーザン・クーパー著 【 闇の戦い4 樹上の銀 】

『 「 グイオンには命を預けても大丈夫だ。遠い昔、私もそうした 」
  愛情のこもった温もりが声を深めた 』


闇との戦いもいよいよ最終段階。
ブラァン・ディヴィーズ、ドルー三兄弟らと共に闇の勢力に立ち向かうウィルとメリマン。
そして ------------ 五たりは戻る。進むはひとり


闇の戦いシリーズ 真ん中飛ばして最終巻。
って 2、3巻目がつまんない というわけではないですよ。
2巻目ではドルー三兄弟再登場ですし
3巻目ではブラァン少年登場しますし ・・・・・

最終巻では 賢さ逞しさが増したウィルがなかなかの頼もしさで素敵です。
これまでもチラチラと垣間見えていた “ 長兄スティーブン兄さん大好き ” パワーが
ここにきて炸裂。
兄さんを評して 「 常に充足し、成熟したもの全ての象徴 」 と
完璧さを讃えまくりです。 このブラコンめ。

メリマンも “ 極めて親しくしていた ” 人物と再会し
暖かオーラ出しまくってたりします。 いいです。

いちおの決着をみた戦いですが 未来永劫の平和だとか
そういう感じの よかったね のラストではなく ・・・・・・
闇が悪で古老たち光の者が善 というわけでもない。
大人なファンタジーでした。

微萌度:★★★ ( 末弟ウィルと長兄スティーブン。15歳の歳の差。
ふふふ ブラコン )

テーマ : 腐女子的読書感想
ジャンル : 本・雑誌

C

omments

P

ost omments


T

rackbacks

この記事のトラックバックURL

http://weil.blog6.fc2.com/tb.php/185-ed0feb92


今月の1冊とは
毎月1作品
ちょっとニヤリな古典をお届けします。
作品タイトルをクリックすると 
『 青空文庫さま 』 等リンク先サイト様の
作品本文ページが別窓で開きます。

今月の1冊

『人蔘の精』
田中 貢太郎著
青空文庫さま

最近の記事
嬉しやvコメント
嬉しやvトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。