妄想力を使えば見つかる妖しい仲の男たち

Prev  «  [ 2017/08 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
プロフィール

きろく

  • Author:きろく
  • 微萌度数を★マークで
    示してみました。
    ★の多いほど『あからさま』
    少ないほど『努力を要す』です。

    本タイトル一覧
    2010・12月末現在)

ブログ内検索
カテゴリー
リンク
フリーエリア

うかれぽんち同盟


CMアニメが面白いのです


無料カウンター

with Ajax Amazon

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

霊応ゲーム

パトリック・レドモンド著 【 霊応ゲーム 】

オンライン書店ビーケーワン:霊応ゲーム

『 リチャードの腕はまだジョナサンの肩にまわされていた。 守るように。
  独り占めするように。 』


1954年のノーフォーク州。
全寮制のパブリックスクールで起こった多数の死。
ゲーム と称される秘密の儀式。
恐るべき少年の思念が、人々の秘密を暴きたて 死に追いやったのか ・・・・・


この作品も有名処ですね。
直球気味なんで 「微萌を探す」 という当ブログの趣旨からはまたハズレていますが×

ゴシック・スリラー と銘打たれていますが 
スリラーというより ホラー なんじゃ・・・・ と思うくらい
インパクトがっつりな恐ろしさです。

初出の時点では 端整な顔立ちの孤高の少年・リチャードが
ページが進むにつれ まぁ 怖いこわい。
どんどん怖くなるリチャードとは逆に
初出時は頼りなく歯がゆいばかりの少年・ジョナサンが
リチャードと二個イチになってから どんどん可愛いイメージが強くなる。
庇護される少年 という位置が 可愛くさせるんでしょうかね。

“ 友達 ” という存在への執着心や依存心。
過剰すぎると恐ろしいものだけど 誰しも多少は心当たりがある感情だろうものだけに
ズシリと怖さが堪えます。

微萌度:★★★ ( ポールの死が悲しい。この部分だけでも一作品成立しますね ) 

テーマ : 腐女子的読書感想
ジャンル : 本・雑誌

C

omments

P

ost omments


T

rackbacks

この記事のトラックバックURL

http://weil.blog6.fc2.com/tb.php/183-25869539


今月の1冊とは
毎月1作品
ちょっとニヤリな古典をお届けします。
作品タイトルをクリックすると 
『 青空文庫さま 』 等リンク先サイト様の
作品本文ページが別窓で開きます。

今月の1冊

『人蔘の精』
田中 貢太郎著
青空文庫さま

最近の記事
嬉しやvコメント
嬉しやvトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。