妄想力を使えば見つかる妖しい仲の男たち

Prev  «  [ 2017/10 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
プロフィール

きろく

  • Author:きろく
  • 微萌度数を★マークで
    示してみました。
    ★の多いほど『あからさま』
    少ないほど『努力を要す』です。

    本タイトル一覧
    2010・12月末現在)

ブログ内検索
カテゴリー
リンク
フリーエリア

うかれぽんち同盟


CMアニメが面白いのです


無料カウンター

with Ajax Amazon

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

顔のない男

イザベル・ホランド著 【 顔のない男 】

オンライン書店ビーケーワン:顔のない男

『 ほかのこと、ほかの人間はみんな、
  どこか遠くの、取るに足りないことに感じられた 』


結婚を繰り返す母、父親の違う姉妹に囲まれて暮す少年チャールズ。
何故か自分に辛くあたる姉や その姉の肩をもつ母。
精神的に耐え難い苦痛の日々を送っていた彼は
寄宿学校へ入学して家を出る夢を支えに過ごしていた。
そんな十四歳の夏、チャールズは
顔に大きな火傷の跡のある謎多き男 ジャスティン・マクラウドと出逢う ・・・・・


本書は有名どころですね。
< 顔のない男 > と呼ばれているジャスティン・マクラウド氏がとてもいい。
苦しく辛い過去を背負い、人と交わることを避けて生きていたマクラウド氏。
そんな彼がチャールズを受け入れ、優しく厳しく見守っている姿が本当にいい。
チャールズくんも 可愛くないところもあるけれど、
あんな姉ちゃんにジクジク苛められながらも捻くれ者にもならず
よく真っ直ぐに育っていたね。 

微萌というより そういう感情を意識して描かれている作品。
切なくて寂しいお話。
でも悲しいばっかりではないのは 結局互いの想いが繋がっていてくれたからかな ・・・・・

微萌度:★★★★ ( 海でじゃれる二人がキラキラ眩しい。 )

テーマ : 腐女子的読書感想
ジャンル : 本・雑誌

C

omments

P

ost omments


T

rackbacks

この記事のトラックバックURL

http://weil.blog6.fc2.com/tb.php/182-f0252b55


今月の1冊とは
毎月1作品
ちょっとニヤリな古典をお届けします。
作品タイトルをクリックすると 
『 青空文庫さま 』 等リンク先サイト様の
作品本文ページが別窓で開きます。

今月の1冊

『人蔘の精』
田中 貢太郎著
青空文庫さま

最近の記事
嬉しやvコメント
嬉しやvトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。