妄想力を使えば見つかる妖しい仲の男たち

Prev  «  [ 2017/08 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
プロフィール

きろく

  • Author:きろく
  • 微萌度数を★マークで
    示してみました。
    ★の多いほど『あからさま』
    少ないほど『努力を要す』です。

    本タイトル一覧
    2010・12月末現在)

ブログ内検索
カテゴリー
リンク
フリーエリア

うかれぽんち同盟


CMアニメが面白いのです


無料カウンター

with Ajax Amazon

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水の伝説

たつみや 章著 【 水の伝説 】

オンライン書店ビーケーワン:水の伝説

『 「 もう、いいからっ きみが死んじゃうっ 」 さけんだぼくに
  龍雄くんは息苦しさにゆがめた顔で、にっと笑った。 「 ばっか 」 』


東京の小学校で仲間はずれになってしまい、学校へ行けなくなってしまった光太郎。
山村留学してきた白水村で カッパらしき生き物を助けた光太郎は
カッパの思い違いで龍神の花嫁にされてしまい ・・・・・


小柄で細っこくて色白の光太郎は 少女と言っても通用する可愛らしい少年。
白水村での寄宿先の家の子の龍雄くんは 同じ小6でも背が高く 活発で男らしいタイプ。
兄弟のように仲良くなった彼らの絡みっぷりが とってもヨシ!です。

光太郎くんったら 龍雄くんの肩におでこを預けた格好で 泣きそうになってたり
中学生になった龍雄くんの姿を想像して 「 学ラン似あう 」 なんて想ってたり。
“ 祭で共に舞う ” なんて 王道ですよ。
かなり 直球の告白大会もしてくれるし。 
「 一緒に死んでもいい 」 なんてあんた達 ・・・・・ ふふん♪

何かと可哀想な龍神さま とか 山姫さまの悲痛な舞とか
おじいちゃんとかおばあちゃんとか ジーンとくるシーンもいっぱい。

神さま三部作と銘打ってのファンタジー三部作のひとつ。
三部作、微萌目線で楽しめるもの順としては
水の伝説 ← ぼくの稲荷山戦記 ← 夜の神話 でしょうか。
自然と人との関係について訴えるものがある各お話ですが
説教くさいものではなく 児童書だけにササッと読めますので
三冊まとめて いかがでしょう。

微萌度:★★★★ ( 中盤から怒涛の “ 龍雄・光太郎もの ” 
 布団蒸しごっこって ちょっとニヤリ )

テーマ : 腐女子的読書感想
ジャンル : 本・雑誌

C

omments

P

ost omments


T

rackbacks

この記事のトラックバックURL

http://weil.blog6.fc2.com/tb.php/181-2e316900


今月の1冊とは
毎月1作品
ちょっとニヤリな古典をお届けします。
作品タイトルをクリックすると 
『 青空文庫さま 』 等リンク先サイト様の
作品本文ページが別窓で開きます。

今月の1冊

『人蔘の精』
田中 貢太郎著
青空文庫さま

最近の記事
嬉しやvコメント
嬉しやvトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。