妄想力を使えば見つかる妖しい仲の男たち

Prev  «  [ 2017/10 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
プロフィール

きろく

  • Author:きろく
  • 微萌度数を★マークで
    示してみました。
    ★の多いほど『あからさま』
    少ないほど『努力を要す』です。

    本タイトル一覧
    2010・12月末現在)

ブログ内検索
カテゴリー
リンク
フリーエリア

うかれぽんち同盟


CMアニメが面白いのです


無料カウンター

with Ajax Amazon

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドリアン・グレイの肖像

O・ワイルド著 【 ドリアン・グレイの肖像 】

オンライン書店ビーケーワン:ドリアン・グレイの肖像

『 ぼくの芸術にともかくも魅力を与えてくれたひとりの人間を
  ぼくから奪うような真似はしてくれるな・・・・・ 』


純粋な美しさに溢れた青年ドリアン・グレイは
ヘンリー卿との出会いによって快楽に溺れることを覚え、悪徳の日々に堕落していく。
彼が犯した罪悪は そのまま若き日のドリアンの肖像画に写しとられ、
絵のなかのドリアンは醜く老い、変貌してゆき・・・・・


O・ワイルドといえば これは外せないかと。
若さと美しさに溢れた青年 ドリアン・グレイ と
彼に影響を受け 心酔する画家 バジル・ホールウォード。
この二人の友情(以上)の親密な関係へ割って入ってきた
バジルの友人・ヘンリー・ウォットン卿とドリアンとの微妙でスリリングな関係。
行間に 溢れています。いろんなものが。

手に手をとって夜会へ繰り出すヘンリーとドリアン。
ドリアンの肖像画を置いたアトリエに残るバジル。
バジルは言う 「 僕は残るよ、本物のドリアン と共に 」
すっごい意味深で象徴的な場面。二章です。

微萌度:★★★ ( 昔 麗しのヴィスコンティ俳優ヘルムート・バーガー氏主演で
映画化されたはず。 ヴィスコンティ作品ではなかったですが
愛しのヘルムートさまの映画だから ものっそい観たいのだけど
如何せん古いし ちとマイナー。どうやったら観られるだろう・・・ )

テーマ : 腐女子的読書感想
ジャンル : 本・雑誌

C

omments

P

ost omments


T

rackbacks

この記事のトラックバックURL

http://weil.blog6.fc2.com/tb.php/169-8476dc24


今月の1冊とは
毎月1作品
ちょっとニヤリな古典をお届けします。
作品タイトルをクリックすると 
『 青空文庫さま 』 等リンク先サイト様の
作品本文ページが別窓で開きます。

今月の1冊

『人蔘の精』
田中 貢太郎著
青空文庫さま

最近の記事
嬉しやvコメント
嬉しやvトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。