妄想力を使えば見つかる妖しい仲の男たち

Prev  «  [ 2017/06 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  » Next
プロフィール

きろく

  • Author:きろく
  • 微萌度数を★マークで
    示してみました。
    ★の多いほど『あからさま』
    少ないほど『努力を要す』です。

    本タイトル一覧
    2010・12月末現在)

ブログ内検索
カテゴリー
リンク
フリーエリア

うかれぽんち同盟


CMアニメが面白いのです


無料カウンター

with Ajax Amazon

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クロトンのミロン

ルーブル美術館で出会える 【 クロトンのミロン像 】
私が初めて観たのはTVのルーブル特集番組。
大爆笑してしまったのを覚えています。

『 木の切り株に手を挟まれて抜けなくなり、身動きできずにいるところへ
  後ろから獅子がやってきて ミロンの尻をガブッ!! 』

そんな瞬間をとらえた像。
ミロンの腿をがっつりと捕らえた獅子の手。
その噛みっぷり。
獅子を外そうと頑張るミロンの手。
ピンと攣った脚。
とにかく必死な 切ないミロンの表情。

どれをとっても

おもしろすぎる。

この像を見たお妃さまが発したという台詞が
「 まぁ おかわいそうに!! 」
あぁ 笑いが止まらない・・・・・

“ クロトンのミロン ” とは
古代オリンピック・レスリング競技のスターだった人だそうで。
なんでも 子牛の世話をする合間に
その子牛を背負い、小屋の周りを一周することを日課とし、
ついには成牛をも背負えるようになった男 らしい。

フランスツーリズム旅行情報局さん で写真が見られます。
( ふらつー写真館 → ルーブル美術館 )

微萌度: ( 筋肉スキーさんには堪らないかも。)

テーマ : 腐女子的読書感想
ジャンル : 本・雑誌

C

omments

P

ost omments


T

rackbacks

この記事のトラックバックURL

http://weil.blog6.fc2.com/tb.php/165-894d6083


今月の1冊とは
毎月1作品
ちょっとニヤリな古典をお届けします。
作品タイトルをクリックすると 
『 青空文庫さま 』 等リンク先サイト様の
作品本文ページが別窓で開きます。

今月の1冊

『人蔘の精』
田中 貢太郎著
青空文庫さま

最近の記事
嬉しやvコメント
嬉しやvトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。