妄想力を使えば見つかる妖しい仲の男たち

Prev  «  [ 2017/06 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  » Next
プロフィール

きろく

  • Author:きろく
  • 微萌度数を★マークで
    示してみました。
    ★の多いほど『あからさま』
    少ないほど『努力を要す』です。

    本タイトル一覧
    2010・12月末現在)

ブログ内検索
カテゴリー
リンク
フリーエリア

うかれぽんち同盟


CMアニメが面白いのです


無料カウンター

with Ajax Amazon

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勇太と死神

立石 彰著 【 勇太と死神 】

オンライン書店ビーケーワン:勇太と死神

『 ・・・・・ ぼくがきたんは勇太のためや ・・・・・ 』

鈴木勇太は転校生、元気いっぱいの中学二年。
勇太の入ったクラスには
病気のためにほとんど登校してこないクラスメート・大原 真という美少年がいた。
“ 大原真の友達係 ” などというものに任命された勇太は
真の住む屋敷を訪れる。
家人にすら心開かず、孤独に籠もっている真の姿を見て、
「 絶対こいつと友達になりたい 」 と思う勇太だったが
真には 死神が忍び寄っていて・・・・・


親友ネタ ということで。
空回るほど元気な勇太少年は 真くんの美少年ぶりがお気に入りらしく、
結構な回数 その美少年ぶりに言及しております。
何かと言っては すぐ頭に触るし肩抱くし・・・・・
それらのボディタッチを大人しく受けている真くん。
だけど言動は わがまま王子様 で勇太くんを翻弄するし。

六甲山の見えるような学校に通う地域の子供たちは
そういう言葉使いはしないよ とか
イヤな奴がいっぱい出てくるなぁ とか
死神たちはイケてなさすぎ とか
いろいろあるけれど まぁ あんまりツッコマナイでおきまする。

微萌度:★★ ( ピアノでガッときました。 バレーボール部の件は別にいらなかったんじゃ・・・ )


テーマ : 腐女子的読書感想
ジャンル : 本・雑誌

C

omments

P

ost omments


T

rackbacks

この記事のトラックバックURL

http://weil.blog6.fc2.com/tb.php/157-c4a90602


今月の1冊とは
毎月1作品
ちょっとニヤリな古典をお届けします。
作品タイトルをクリックすると 
『 青空文庫さま 』 等リンク先サイト様の
作品本文ページが別窓で開きます。

今月の1冊

『人蔘の精』
田中 貢太郎著
青空文庫さま

最近の記事
嬉しやvコメント
嬉しやvトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。