妄想力を使えば見つかる妖しい仲の男たち

Prev  «  [ 2017/08 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
プロフィール

きろく

  • Author:きろく
  • 微萌度数を★マークで
    示してみました。
    ★の多いほど『あからさま』
    少ないほど『努力を要す』です。

    本タイトル一覧
    2010・12月末現在)

ブログ内検索
カテゴリー
リンク
フリーエリア

うかれぽんち同盟


CMアニメが面白いのです


無料カウンター

with Ajax Amazon

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

龍は眠る

宮部 みゆき著 【 龍は眠る 】

オンライン書店ビーケーワン:日本推理作家協会賞受賞作全集 67

『 あなただから、
  あなたを信用できると思ったから頼んでるんだ 』


大嵐の晩、運転に難儀しながら東京へ帰宅中の雑誌記者の高坂昭吾は
道端でずぶ濡れの少年を拾った。 それが 稲村慎司だった。
偶然遭遇した死亡事故の真相を見てきたように語る慎司。
彼は言う 「 信じて。僕は超能力者なんだ。」


ブレイブストーリー公開間近ってことで 宮部みゆきさんモノを。
この “ 龍・・・ ” は 
マンホール事件のやりきれなさとか 慎司くんのご両親の覚悟とか 直也くんの苦しみとか
色々辛い切ないお話。
全部抱えて乗り越えて、大人になった慎司くんが見たい気がします。

微萌目線の話
宮部さんの作品は
「 どう読んでもニヤついてしまう 」 という人物たちがいる というよりは
「 そういう間柄だ と言われても それはそれで自然 」 な空気感の人物たちがいる 
と いう感じ。
本書でも あくまで空気感なので 「 この言動にニヤリ 」 というのとは違うかな。
TVドラマ化されたことがあるそうですが
この 空気感 なんてものは望めなかったでしょうね。見てないので想像ですが・・・・・

微萌度:★★★ ( 慎司と直也は同じ苦悩を抱える者として独特な繋がりがある と思うのですが
高坂への 慎司の「 信じられる人 」という縋る様な感覚がいいです。
信頼 ってイイ )


テーマ : 腐女子的読書感想
ジャンル : 本・雑誌

C

omments

P

ost omments


T

rackbacks

この記事のトラックバックURL

http://weil.blog6.fc2.com/tb.php/155-803dda89


今月の1冊とは
毎月1作品
ちょっとニヤリな古典をお届けします。
作品タイトルをクリックすると 
『 青空文庫さま 』 等リンク先サイト様の
作品本文ページが別窓で開きます。

今月の1冊

『人蔘の精』
田中 貢太郎著
青空文庫さま

最近の記事
嬉しやvコメント
嬉しやvトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。