妄想力を使えば見つかる妖しい仲の男たち

Prev  «  [ 2017/11 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  » Next
プロフィール

きろく

  • Author:きろく
  • 微萌度数を★マークで
    示してみました。
    ★の多いほど『あからさま』
    少ないほど『努力を要す』です。

    本タイトル一覧
    2010・12月末現在)

ブログ内検索
カテゴリー
リンク
フリーエリア

うかれぽんち同盟


CMアニメが面白いのです


無料カウンター

with Ajax Amazon

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南総里見八犬伝 (校訂本)

曲亭 馬琴著 小池 藤五郎校訂 【 南総里見八犬伝 全十巻 】

オンライン書店ビーケーワン:南総里見八犬伝 1

『 「 尽す真の届かずは、とくとく殺し給ひね 」
  「 やうやくこの身の落着ば、迎へとりて妻とせん 」
 ( 毛野・小文吾の夫婦約束 ) 

脚色ものを読んだら勢いがついて 校訂版再読。
といっても 全部読み返してると
他のことが何も出来なくなるくらいの超長々しい読み物なので
自分が好きな件を思い出しながら その部分を探し出しつつ。

やっぱり すごいや。
情動も奇行も 不可思議さも残虐さも 勢いが、スケールがすごい。
犬士も結構 残虐なマネしてたりするんですものね。
変わった人たちもいっぱい出てくるし。
幽霊とか狐の化身とか 男色家とか。( ← 同列に言うのは何ですが ) 
細川政元さまの “ 可愛い新兵衛 かごの鳥 ” の件なんかは
少年少女向けや 超短縮版では ほとんど無視されてますね。
ってか 新兵衛が頑張る後半が削られてるのか。
面白い部分 あるんですけどね。

微萌度:★★★★ ( でも やっぱり読むのは体力いるッス× )

テーマ : 腐女子的読書感想
ジャンル : 本・雑誌

C

omments

P

ost omments


T

rackbacks

この記事のトラックバックURL

http://weil.blog6.fc2.com/tb.php/151-da4fe172


今月の1冊とは
毎月1作品
ちょっとニヤリな古典をお届けします。
作品タイトルをクリックすると 
『 青空文庫さま 』 等リンク先サイト様の
作品本文ページが別窓で開きます。

今月の1冊

『人蔘の精』
田中 貢太郎著
青空文庫さま

最近の記事
嬉しやvコメント
嬉しやvトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。