妄想力を使えば見つかる妖しい仲の男たち

Prev  «  [ 2017/09 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  » Next
プロフィール

きろく

  • Author:きろく
  • 微萌度数を★マークで
    示してみました。
    ★の多いほど『あからさま』
    少ないほど『努力を要す』です。

    本タイトル一覧
    2010・12月末現在)

ブログ内検索
カテゴリー
リンク
フリーエリア

うかれぽんち同盟


CMアニメが面白いのです


無料カウンター

with Ajax Amazon

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

非道、行ずべからず

松井 今朝子著 【 非道、行ずべからず 】

オンライン書店ビーケーワン:非道、行ずべからず

『 おとっつぁんは、こんな辛いことをなすってたのかい・・・・・ 』

江戸の町でも最大級の歌舞伎小屋が正月早々 もらい火で焼け落ちた。
その焼け跡から 綺麗な男の死体が見つかる。
死んだ男は誰なのか? 下手人は芝居小屋の関係者なのか?
そんな 謎と疑惑の渦巻く劇場で 名女形・荻野沢之丞の名跡争いが火花を散らす。


江戸もの。歌舞伎役者の世界が 連続殺人と絡めて描かれます。
名女形の沢之丞さまは超ご高齢。でも 現役バリバリの女形。
その息子たち 市之介と宇源次 も同じ小屋の女形 若手ホープ。
沢之丞の名跡を 兄弟どちらに継がせるか で人々の思惑が火花を散らします。

江戸もの で 女形 とくれば 衆道話は自然な流れ。
キラキラ華やか美形の宇源次くん 座付き作者の喜多村松栄さんとご関係。
ちょっと痛い感じの繋がり方の二人なんですが ×××。

芸道の厳しい愛にホロリ もあり。
同心 笹岡家の幸せぶりに ほっこり もあり。
事件物にしては お上の影が薄いけど。

微萌度:★★★ ( 事件のオチは・・・・・
 あれはある種の盲愛の結果ってことでしょうかねぇ。 )

テーマ : 腐女子的読書感想
ジャンル : 本・雑誌

C

omments

P

ost omments


T

rackbacks

この記事のトラックバックURL

http://weil.blog6.fc2.com/tb.php/149-e1742300


今月の1冊とは
毎月1作品
ちょっとニヤリな古典をお届けします。
作品タイトルをクリックすると 
『 青空文庫さま 』 等リンク先サイト様の
作品本文ページが別窓で開きます。

今月の1冊

『人蔘の精』
田中 貢太郎著
青空文庫さま

最近の記事
嬉しやvコメント
嬉しやvトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。