妄想力を使えば見つかる妖しい仲の男たち

Prev  «  [ 2017/07 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
プロフィール

きろく

  • Author:きろく
  • 微萌度数を★マークで
    示してみました。
    ★の多いほど『あからさま』
    少ないほど『努力を要す』です。

    本タイトル一覧
    2010・12月末現在)

ブログ内検索
カテゴリー
リンク
フリーエリア

うかれぽんち同盟


CMアニメが面白いのです


無料カウンター

with Ajax Amazon

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テーオバルトの騎士道入門

斉藤 洋著 【 テーオバルトの騎士道入門 】

オンライン書店ビーケーワン:テーオバルトの騎士道入門

『 ハンスが馬小屋に泊まらなければならない時は、みんなが寝静まってから、
  テーオバルトは馬小屋にやってきて、ハンスといっしょにわらにくるまって寝た 』


男爵家の若君テーオバルト (15歳) が手本としている書物 “ 騎士道入門 ” には
「 竜の涙を手に入れないかぎり 一人前の騎士とはいえない 」 と書いてある。
テーオバルトは 祖父である現領主・老グリュック男爵から
跡目を継いでほしい と再三乞われているのだが 
「 竜の涙を持たない自分はまだ一人前ではない 」 という理由で
領主の座を継ぐことを拒んでいる。
「 そもそも竜なんて おとぎ話の生き物なのに・・・・ 」 と
困惑しきりの老グリュック男爵は一計を案じ、
家来のハンスをお供につけて テーオバルトを竜退治の旅に出発させたのだが・・・・・

テーオバルト若様と そのお気に入りの家来ハンス。
主従もので いい感じ ( ニヤリ )

純粋で素直で真っ直ぐな少年テーオバルトは ちょっと世間知らず気味。
かなり可愛い。
お供の家来ハンスは三十歳くらいのいい大人。でも 茶目っ気たっぷりな人。
ほわり と暖かい関係のこの二人にずっとニヤニヤ。
お話のほうも ほわり とあったかい。 いい本です。

( 九章でハンスを止めるテーオバルトの台詞
  「 神様が走って行って・・・ 」 には大笑いさ。ツボに嵌りましたよ )
ハンスのキャラは 過去とか友人関係とか色々想像しがいのある美味しさ。
いい歳だけど独身だよきっと 確実に ( 妄 ) ふふふ

微萌度:★★★ ( 「 場合によっては嘘も仕方がない時がある 」 ハンスが言うと暖かい )

テーマ : 腐女子的読書感想
ジャンル : 本・雑誌

C

omments

P

ost omments


T

rackbacks

この記事のトラックバックURL

http://weil.blog6.fc2.com/tb.php/146-f4eec8f1


今月の1冊とは
毎月1作品
ちょっとニヤリな古典をお届けします。
作品タイトルをクリックすると 
『 青空文庫さま 』 等リンク先サイト様の
作品本文ページが別窓で開きます。

今月の1冊

『人蔘の精』
田中 貢太郎著
青空文庫さま

最近の記事
嬉しやvコメント
嬉しやvトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。