妄想力を使えば見つかる妖しい仲の男たち

Prev  «  [ 2017/10 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
プロフィール

きろく

  • Author:きろく
  • 微萌度数を★マークで
    示してみました。
    ★の多いほど『あからさま』
    少ないほど『努力を要す』です。

    本タイトル一覧
    2010・12月末現在)

ブログ内検索
カテゴリー
リンク
フリーエリア

うかれぽんち同盟


CMアニメが面白いのです


無料カウンター

with Ajax Amazon

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ねこだまし

斉藤 洋著 【 ねこだまし 】

オンライン書店ビーケーワン:ねこだまし

『 このあいだは、よそから でてくるところを みられちゃったな・・・ 』

ジーク に続いて もういっちょ斉藤洋さんの本。

向かいの家の猫がやってきて 「 古着や靴をくれないか 」 とせがむ。
何に使うんだ? と思いつつ ネクタイやシャツをあげる男。
ある日 向かいの家は空家となる が
しばらくして ひとりの “ 男 ” が
「 新しく越してきました 」 と鮭の頭を手土産に挨拶にやってきた。

語りの男 と 猫男 のお話。
微萌らしいところは なんていうか・・・・・ 雰囲気?(汗;
例えば

まず初めに猫氏が欲しがったのが ネクタイ。
( ネクタイって ちょっと特別な意味があるアイテムだよな )

他所の家から出てくる所を男に見られた猫氏、
「 だって君にばかり貰っちゃ悪いから 」 とちょっとフォロー。
( 男は殊更気にしてなかったのに 言い訳しちゃう猫氏 )

元通り 男の家の向かいに越してくる猫氏。
( 飼い主はどうしちゃったんだろう。味付け次第で純愛にもホラーにもなるな )

等々、( ) 内のように 想像の翼を ( 好き勝手に ) 羽ばたかせてみると
結構 微萌話が捏造できるよな って感じです。

微萌度: ( これを微萌って言うのは ちょっと脳内活動活発すぎですね。
ごめんなさい )

テーマ : 腐女子的読書感想
ジャンル : 本・雑誌

C

omments

P

ost omments


T

rackbacks

この記事のトラックバックURL

http://weil.blog6.fc2.com/tb.php/143-a88dae0e


今月の1冊とは
毎月1作品
ちょっとニヤリな古典をお届けします。
作品タイトルをクリックすると 
『 青空文庫さま 』 等リンク先サイト様の
作品本文ページが別窓で開きます。

今月の1冊

『人蔘の精』
田中 貢太郎著
青空文庫さま

最近の記事
嬉しやvコメント
嬉しやvトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。