妄想力を使えば見つかる妖しい仲の男たち

Prev  «  [ 2017/08 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
プロフィール

きろく

  • Author:きろく
  • 微萌度数を★マークで
    示してみました。
    ★の多いほど『あからさま』
    少ないほど『努力を要す』です。

    本タイトル一覧
    2010・12月末現在)

ブログ内検索
カテゴリー
リンク
フリーエリア

うかれぽんち同盟


CMアニメが面白いのです


無料カウンター

with Ajax Amazon

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

堕ちた天使 アザゼル

ボリス・アクーニン著 【 堕ちた天使 アザゼル 】

オンライン書店ビーケーワン:堕ちた天使

『 ズーロフさんだの、あなただの、他人行儀な言い方をするなよ 』

1876年 昼日中のモスクワ市内の公園
多くの人々の面前で 若いロシア人学生がピストル自殺を遂げた。
自殺前の経緯が奇妙なことから捜査に乗り出したファンドーリン刑事14等官だったが
死んだ学生の友人の身辺を捜査中に その友人共々何者かに襲撃される。
刺傷を受け 薄れゆく意識の中で耳にした “ アザゼル ” という言葉が
その後 ファンドーリンを国際的な事件の渦へと巻きこんでゆく・・・・・

主人公は エラスト・ペトローヴィチ・ファンドーリン 20歳
直毛黒髪、青い瞳、色が白く背は高く 頬が赤らむとなかなか消えない という初心な青年。
たいへん目鼻立ちが整っている とはっきり書いてありまする。

ファンドーリンは19歳にして天涯孤独となり、
なんとか自活の道を作らねば と受けた警察官の試験に見事合格。
晴れてモスクワ警察本署長直属特捜部 文書課に配属となったのが20歳の時。
ちょっと世間しらず気味。 子供っぽいところあり。
感と運はかなり良し。
“ 刑事らしい捜査 ” に憧れ中。

そんな彼が事件の容疑者のひとりとしてマークする男・イッポリート・ズーロフ伯爵 28歳
遊び人 決闘好き 非常識な奴。
ファンドーリン曰く 「 ハンサムで大胆不敵 」
登場場面はあまり多くないんですが なかなか気になる行動をしてくださいます。
ファンドーリンの度胸が気に入った と言って 強引に兄弟の杯を交わしちゃったり。
助けに来て 無事を確認する為に身体中触りまくったり・・・・・

なんとなく珍しい気がする ロシア産ライト探偵小説。
シリーズ物らしいんですが邦訳は今のところ本書のみ。
装丁の雰囲気に騙されず 軽い感じで読むのがよいかと・・・・・

微萌度:★★ ( 能天気気味な文章で明るく軽く展開していきますが
ちょっと 「え」 なオチが待ってますよ )

テーマ : 腐女子的読書感想
ジャンル : 本・雑誌

C

omments

P

ost omments


T

rackbacks

この記事のトラックバックURL

http://weil.blog6.fc2.com/tb.php/139-76a8ff38


今月の1冊とは
毎月1作品
ちょっとニヤリな古典をお届けします。
作品タイトルをクリックすると 
『 青空文庫さま 』 等リンク先サイト様の
作品本文ページが別窓で開きます。

今月の1冊

『人蔘の精』
田中 貢太郎著
青空文庫さま

最近の記事
嬉しやvコメント
嬉しやvトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。