妄想力を使えば見つかる妖しい仲の男たち

Prev  «  [ 2017/07 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
プロフィール

きろく

  • Author:きろく
  • 微萌度数を★マークで
    示してみました。
    ★の多いほど『あからさま』
    少ないほど『努力を要す』です。

    本タイトル一覧
    2010・12月末現在)

ブログ内検索
カテゴリー
リンク
フリーエリア

うかれぽんち同盟


CMアニメが面白いのです


無料カウンター

with Ajax Amazon

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神の火

高村 薫著 【 神の火 】

オンライン書店ビーケーワン:神の火

『 俺の目玉ふたぁつ 』

日本海に建設された巨大な塊・音海原発。
“ 世界は平和である ” という理想ありきで成り立っている 原発安全神話。
その原発を見つめる 不思議な存在感の青年・良 の執念が
心に空洞を抱えて生きていた男・島田浩二の何かを目覚めさせた・・・・・

↑ この解説 かなり間違ってると思います。
BOOKデータベースとして紹介されている文章でも
この作品のほんの一部のフォローしかしていないと思います。
深いです。
単行本として出版された版から文庫化された時点で かなりの改訂がなされたそうで
その文庫版を底本として更に新潮ミステリー倶楽部版で刊行されています。

島田浩二氏(39) が愛されまくっています。
みんなが彼を 愛憎入り混じった複雑な想いで大好きです。
島田氏をある意味作り上げた男・江口氏や幼馴染の男・日野、
あと アメリカ人もロシア人も島田氏のことが大好きです。
そんな皆のことを島田氏も 愛憎入り混じった想いで見つめています。
憎の念がなく執着したのは スラブ系の青年・高塚良くん(24,5)のこと。
彼への執着が 島田氏を少しずつ変えていき その結果・・・・・

コンピューターシステムですとか原子力の理論ですとかの専門的な用語にも負けず
ちょっと重い興奮のうちに読了できる一冊。

微萌度:★★★ ( コース1~6 全部知りたい )

テーマ : 腐女子的読書感想
ジャンル : 本・雑誌

C

omments

P

ost omments


T

rackbacks

この記事のトラックバックURL

http://weil.blog6.fc2.com/tb.php/138-782acf6d


今月の1冊とは
毎月1作品
ちょっとニヤリな古典をお届けします。
作品タイトルをクリックすると 
『 青空文庫さま 』 等リンク先サイト様の
作品本文ページが別窓で開きます。

今月の1冊

『人蔘の精』
田中 貢太郎著
青空文庫さま

最近の記事
嬉しやvコメント
嬉しやvトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。