妄想力を使えば見つかる妖しい仲の男たち

Prev  «  [ 2017/06 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  » Next
プロフィール

きろく

  • Author:きろく
  • 微萌度数を★マークで
    示してみました。
    ★の多いほど『あからさま』
    少ないほど『努力を要す』です。

    本タイトル一覧
    2010・12月末現在)

ブログ内検索
カテゴリー
リンク
フリーエリア

うかれぽんち同盟


CMアニメが面白いのです


無料カウンター

with Ajax Amazon

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イデアの洞窟

ホセ・カルロス・ソモサ著 【 イデアの洞窟 】

オンライン書店ビーケーワン:イデアの洞窟

『 結局、青年の愛より喜ばしいものがあるでしょうか? 』

カテゴリー < 推理・サスペンス > というより < ミステリー > かな?
( カテゴリーを編集しなおす必要があるかもしれませんな。)

とにかく ややこしい本です。
ちょっとでもネタバレしちゃうと
もうまったく面白くなくなる本なので細かくは申しませんが、
なんしか ややこしい感じです。

“ 古代ギリシアで起こった連続殺人の調査に乗り出す < 謎の解読者 > の話。 
          ( と平行して )
↑という内容の イデアの洞窟 という書物を翻訳している 私 が
文中に隠された 象徴 に気づき、それを読み解くことにのめりこんでいく。
          ( 翻訳が進むに従って )
私 の身に起きる不可解な出来事が 全ての真の謎を・・・・・ ”

ね、ややこしい。

しかし そのオチは 途中でなんとな~く想像がついてきたりして
ラストは 驚き よりも やっぱりそうきたか な感じでしたが。
( ちょっと長すぎたのか?もう少し 畳み込むように展開してたら
  あれこれ想像してる間もなくオチがきて 驚けたのかもね )

ちなみに
イギリス推理作家協会最優秀長篇賞受賞作 だそうです。

微萌度: ( またもや★一つ未満。微萌って言うより そういう関係の人々がいて
中の一人が美青年だそうな って程度。 ときめき少なくて ごめんなさい )

テーマ : 腐女子的読書感想
ジャンル : 本・雑誌

C

omments

P

ost omments


T

rackbacks

この記事のトラックバックURL

http://weil.blog6.fc2.com/tb.php/137-0a4f14a6


今月の1冊とは
毎月1作品
ちょっとニヤリな古典をお届けします。
作品タイトルをクリックすると 
『 青空文庫さま 』 等リンク先サイト様の
作品本文ページが別窓で開きます。

今月の1冊

『人蔘の精』
田中 貢太郎著
青空文庫さま

最近の記事
嬉しやvコメント
嬉しやvトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。