妄想力を使えば見つかる妖しい仲の男たち

Prev  «  [ 2017/10 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
プロフィール

きろく

  • Author:きろく
  • 微萌度数を★マークで
    示してみました。
    ★の多いほど『あからさま』
    少ないほど『努力を要す』です。

    本タイトル一覧
    2010・12月末現在)

ブログ内検索
カテゴリー
リンク
フリーエリア

うかれぽんち同盟


CMアニメが面白いのです


無料カウンター

with Ajax Amazon

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天使は森へ消えた

ヨハンナ・シニサロ著 【 天使は森へ消えた 】

オンライン書店ビーケーワン:天使は森へ消えた

『 それを欲しいとすぐに思った 』

カテゴリーを いちお文芸としましたが
この作品は作家さん曰く 「 社会幻想小説 」 だそうです。う~ん

フィンランドの古い伝承に登場する妖精 ( 悪魔 ) のトロールが
科学的に哺乳動物 “ ベイッコ種 ” として認知されている という設定の世界。
ある夜、美貌のグラフィックデザイナー・ミカエル青年が
路上でベイッコの仔を拾ったことから 悲劇が動き始める・・・・・

トロールというと どうしてもムーミンを思い出してしまうのですが
この ベイッコ は あれとは全く違う姿です。
人間によく似た姿をしていて 二足歩行をします。
その全身は黒い体毛に覆われ 手足には鋭く長い爪を持ち
大人になると体長2メートルにも達するそうで。
伝説では 悪魔 とみなされることも多く、
ミカエル青年が フィンランド語で天使の意の エンケリ と呼ばれていることは
ちょっとした意味を含ませているのでしょう。

で このミカエル青年が心惹かれているのが 広告代理店のエリート青年 マルテス。
このマルテスが ちょっと嫌なやつで・・・・・
だから って訳でもないですが ミカエル青年、
拾ったベイッコ ( 少年体 ) に のめり込んで
エライ目に遭っちゃうんですな、これが。

微萌度: ( ★一個に満たず といった感じで。 読後感もあまりヨロシイものじゃないです。 )


テーマ : 腐女子的読書感想
ジャンル : 本・雑誌

C

omments

P

ost omments


T

rackbacks

この記事のトラックバックURL

http://weil.blog6.fc2.com/tb.php/136-1e8b1048


今月の1冊とは
毎月1作品
ちょっとニヤリな古典をお届けします。
作品タイトルをクリックすると 
『 青空文庫さま 』 等リンク先サイト様の
作品本文ページが別窓で開きます。

今月の1冊

『人蔘の精』
田中 貢太郎著
青空文庫さま

最近の記事
嬉しやvコメント
嬉しやvトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。