妄想力を使えば見つかる妖しい仲の男たち

Prev  «  [ 2017/08 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
プロフィール

きろく

  • Author:きろく
  • 微萌度数を★マークで
    示してみました。
    ★の多いほど『あからさま』
    少ないほど『努力を要す』です。

    本タイトル一覧
    2010・12月末現在)

ブログ内検索
カテゴリー
リンク
フリーエリア

うかれぽんち同盟


CMアニメが面白いのです


無料カウンター

with Ajax Amazon

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

御書物同心日記

出久根 達郎著 【 御書物同心日記 】

オンライン書店ビーケーワン:御書物同心日記

『 ここのすべてが、いやになってきたなあ。 あ、いや、丈太郎殿は別ですよ。 』

時は江戸。
将軍様所蔵の稀本や珍本を収めた御文庫を管理する 御書物同心 の物語。
本の知識見識を見込まれて御書物同心となった青年・東雲丈太郎を中心に
江戸の人々の出来事を語る連作。

この丈太郎さんが 二十六歳にもなって なかなか純粋な青年で。
本のこととなるとしっかりしたモノなんですが色事に関しちゃあ天然。
とにかく本に係わっていられたら幸せな人。
そんな丈太郎さんとは対照的に 色々と世慣れた感じの青年が
同役 ( 後輩 ) の 白瀬角一郎。 なかなかのクセ者。
神がかり的な記憶力を持つ彼は そんな才能がある故か出世欲も高く、
今の仕事にちょっと不満あり。

この角一郎が丈太郎さんを構うかまう。
役目柄 宿直も一緒 下城も一緒。
そのまま一緒にお出かけもしちゃいます。
時に丈太郎さんが困惑顔なのも また一興。

シリーズで 
続 御書物同心日記
虫姫
秘画
が でています。

微萌度:★★★ ( 上役の時田敬之助さんも飄々とした青年でいい感じ。
上役だけど丈太郎さんより年下なのよ。ふふ )

テーマ : 腐女子的読書感想
ジャンル : 本・雑誌

C

omments

P

ost omments


T

rackbacks

この記事のトラックバックURL

http://weil.blog6.fc2.com/tb.php/134-37597708


今月の1冊とは
毎月1作品
ちょっとニヤリな古典をお届けします。
作品タイトルをクリックすると 
『 青空文庫さま 』 等リンク先サイト様の
作品本文ページが別窓で開きます。

今月の1冊

『人蔘の精』
田中 貢太郎著
青空文庫さま

最近の記事
嬉しやvコメント
嬉しやvトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。