妄想力を使えば見つかる妖しい仲の男たち

Prev  «  [ 2017/08 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
プロフィール

きろく

  • Author:きろく
  • 微萌度数を★マークで
    示してみました。
    ★の多いほど『あからさま』
    少ないほど『努力を要す』です。

    本タイトル一覧
    2010・12月末現在)

ブログ内検索
カテゴリー
リンク
フリーエリア

うかれぽんち同盟


CMアニメが面白いのです


無料カウンター

with Ajax Amazon

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第九軍団のワシ

ローズマリ・サトクリフ著 【 第九軍団のワシ 】
オンライン書店ビーケーワン:第九軍団のワシ

『 「 そう、あなただったのですね 」
  「 そうだ、おれだよ 」 』


サトクリフの “ ローマン・ブリテン三部作( 四部もあったり ) ” の第一作め。
全て 史実を元に作られた話。あぁ ロマン。

辺境の地で消息を絶ったローマ軍第九軍団。
その象徴たる印の “ ワシ ” を探索する旅は マーカスにとって
第九軍団を率いていた父の行方を辿る旅でもあった・・・・・

自分の将来を見失い、暗い気分で過ごしていたマーカスは
サターン祭で 奴隷のエスカ と運命の出会いをします。
眼と眼が合った瞬間に 特別な何か を感じてしまうマーカスとエスカ。
マーカスったら すぐさま エスカを自分の奴隷に買い取るのですが
二人は主人と奴隷としてではなく、友人として心通わせていくのです。
初めて二人きりで言葉を交わす場面なんか もう ふふふふふ♪

エスカったら 負傷の後遺症で狩りにも出られずクサクサしているマーカスのために
狼の子を持って帰ってきてやったりするんです。
その狼はその後 大切に育てられてたりします。

危険で困難な旅である、“ ワシ ” の探索に出る時にも 
“ エスカは奴隷だから仕方なくついてくるのさ ” と
他人から揶揄されたのを気にしたマーカスは
エスカに 奴隷の立場からの開放証書を渡し、
その後 彼がどうするかドキドキしながら待っていたり。
エスカはエスカで 「 貴方が行くなら俺も行く 」 と当然のように言ってのけたり。

ちゃんとヒロインもいるんですが 最後まで マーカスとエスカは離れません。
オチまでガッツリ微萌です。

このローマン・ブリテンシリーズは児童書となってますが
とても深いものがあって 勇ましくも切ないお話です。
色々失ったり 諦めたりして生きてきた大人のほうが
心に沁みて 感ずるものが多いかもしれません。

微萌度:★★★★ ( マーカスの子孫たちの話が続いていくこのシリーズ。
どこから読んでも大丈夫ですがやっぱりこの“第九軍団・・”から読むのがお勧めかも。
時の流れに感慨ひとしおですよ。 )

テーマ : 腐女子的読書感想
ジャンル : 本・雑誌

C

omments

P

ost omments


T

rackbacks

この記事のトラックバックURL

http://weil.blog6.fc2.com/tb.php/127-6590888b


今月の1冊とは
毎月1作品
ちょっとニヤリな古典をお届けします。
作品タイトルをクリックすると 
『 青空文庫さま 』 等リンク先サイト様の
作品本文ページが別窓で開きます。

今月の1冊

『人蔘の精』
田中 貢太郎著
青空文庫さま

最近の記事
嬉しやvコメント
嬉しやvトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。