妄想力を使えば見つかる妖しい仲の男たち

Prev  «  [ 2017/06 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  » Next
プロフィール

きろく

  • Author:きろく
  • 微萌度数を★マークで
    示してみました。
    ★の多いほど『あからさま』
    少ないほど『努力を要す』です。

    本タイトル一覧
    2010・12月末現在)

ブログ内検索
カテゴリー
リンク
フリーエリア

うかれぽんち同盟


CMアニメが面白いのです


無料カウンター

with Ajax Amazon

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さらわれたデービッド

R・L・スティーブンソン著 【 さらわれたデービッド 】
オンライン書店ビーケーワン:さらわれたデービッド

『 「 どうして、わたしにそんなにやさしくしてくれるんですか?
   どうして、こんな恩知らずが気に入ってるんですか? 」
  「 まったくね。おれにもわからないな。」 』


映画で祭7 “ マスター・アンド・ウォリアー ” の原作。
読んでみました。

まず、
映画は この原作ともう一冊、続編の “ カトリオナ ” という本を
ミックスして脚色したものでした。
この “ さらわれた・・・ ” にはヒロインは登場しません。
ヒロイン登場は 続編を待たねばならないです。
デービッドはまだまだ 少年を一歩出た程度の坊やだから
色恋話は早い ってな訳かもしれません。

しかし 坊やといっても 結構したたか というか、生意気というか。
考え方が皮肉っぽかったり僻みっぽかったりで 彼を見ていても
「 騙されて苦労して可哀想に 」 という感情はあまり湧いてきません。
攫われた件も ノコノコと・・・ な風でもあるし。

対してアランも 映画版での勇者っぷりや貫禄は 薄~く・・・・・
自信過剰のお調子者で 結構な見栄っ張り。
勇猛果敢というより 思い切りがいいだけ ( 考える前に動いちゃう )
すぐ頭に血が上って 損得考えず喚いちゃう。

純粋単純おじさんアランを 冷めた少年デービッドが
『 なんでこんなのと関わっちゃったんだろう。
  いや、嫌いって訳じゃないんだけどさぁ ・・・・・ 』
と思いながらも 結局離れずズルズル旅する物語 でした。

微萌度:★★ ( 敵役のおじさんが結構可哀想× 甥っ子が可愛げないから
余計にそう思うのかな。原題は “ 誘拐されて ” だそうです。直球すぎ。)
 

テーマ : 腐女子的読書感想
ジャンル : 本・雑誌

C

omments

P

ost omments


T

rackbacks

この記事のトラックバックURL

http://weil.blog6.fc2.com/tb.php/125-a5367738


今月の1冊とは
毎月1作品
ちょっとニヤリな古典をお届けします。
作品タイトルをクリックすると 
『 青空文庫さま 』 等リンク先サイト様の
作品本文ページが別窓で開きます。

今月の1冊

『人蔘の精』
田中 貢太郎著
青空文庫さま

最近の記事
嬉しやvコメント
嬉しやvトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。