妄想力を使えば見つかる妖しい仲の男たち

Prev  «  [ 2017/09 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  » Next
プロフィール

きろく

  • Author:きろく
  • 微萌度数を★マークで
    示してみました。
    ★の多いほど『あからさま』
    少ないほど『努力を要す』です。

    本タイトル一覧
    2010・12月末現在)

ブログ内検索
カテゴリー
リンク
フリーエリア

うかれぽんち同盟


CMアニメが面白いのです


無料カウンター

with Ajax Amazon

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【 リクルート 】 映画でどうだ!祭 4

オンライン書店ビーケーワン:ジェイムズが任命されたNOC
【 リクルート 】 DVD ←
監督:ロジャー・ドナルドソン 出演:アル・パチーノ コリン・ファレル

“ 『 アレキサンダー 』 から コリン・ファレル繋がりで (笑 ”

微萌っぽさは薄いんですが。
アル・パチーノが好きなんです、私。

強烈なファザコン君・ジェイムズが そのファザコンぶりにつけ込まれて
CIAにスカウトされちゃう話。
「 全ては一杯のマティーニから始まるんだ。」 なんて
渋いことを言うおじさん・ウォルターに振り回されてエライめにあうジェイムズ。
「 私に気に入られたいんだろう?」 って言われて 反発的な眼をするクセに
一言も言い返さないジェイムズ。
父世代の男に弱いんだね。

微萌度:★★ ( 何が真実か判らない!!がネタの映画。ジェイムズのレイラへの愛も
真実 というより好奇心からの成り行きに見えてしまったよ。 )

テーマ : 腐女子的読書感想
ジャンル : 本・雑誌

C

omments


はじめまして。
どれもとても丁寧にご紹介なされていて拝見しやすく
いつもこっそりとお邪魔させて頂いてます。
意外と今まで全く気にも留めていなかった作品にも
萌えーな雰囲気があることを知り、
ついつい購入リストにチェックしちゃってます(笑)

上記の本についてではなくて申し訳ないのですが、
少々お尋ねしたいことがあったのでコメント失礼致します。
古典・名作のカテゴリーで挙げられている「伊勢物語」に
ついてなのですが、どの方の作品が一番のお勧めなのでしょうか?(>_<*)
たくさん出版されていて思わずどれから読めばよろしいのやら
悩みまくってしまいました。
もしよろしければ、きろくサンのお勧めなどを教えて頂けると
嬉しいのですが如何でしょうか。

突然こんなコメントで本当に申し訳ありません。

momo URL | 2006/04/09 01:48 [ 編集 ]


momoさま はじめまして。コメントありがとうございます☆
ご紹介した本には 強引な感じで微萌 なものもあるかと思いますが
同じツボで ニヤリ とハマれたら至福です♪

『 伊勢物語 』 ですが 
本当に硬軟とりまぜて多々出版されていますよね。
現代語訳がズラッと並んでいた場合、
私は 三十八段ばっかり抜き読み してみたりします。
この段で ニヤリ ときたら 他の段も大概◎かな と。

手に入れやすく、読みやすいものとしては
“ 角川ソフィア文庫 ” から出ている 石田 穣二さん訳のものなどいかがでしょう。
素直な訳文で ツボにも真っ直ぐ届く感じ♪
原文、解説も載っていてお得な気がします。文庫だから重たくないし(笑

きろく URL | 2006/04/10 18:23 [ 編集 ]


お手数をおかけしてすいませんでした。
是非ともさっそく読んでみたいと思います!!(笑)

突然のこんな質問にもご丁寧にお答え頂きまして、
本当にありがとう御座いました。


momo URL | 2006/04/10 23:30 [ 編集 ]


私も伊勢物語再読して楽しみましたです♪
雅なオノコの こう情 ( “ 厚 ” か “ 交 ” かはお好みで。うふふ ) は
素敵ですねぇ。

きろく URL | 2006/04/12 15:02 [ 編集 ]

P

ost omments


T

rackbacks

この記事のトラックバックURL

http://weil.blog6.fc2.com/tb.php/119-17214548


今月の1冊とは
毎月1作品
ちょっとニヤリな古典をお届けします。
作品タイトルをクリックすると 
『 青空文庫さま 』 等リンク先サイト様の
作品本文ページが別窓で開きます。

今月の1冊

『人蔘の精』
田中 貢太郎著
青空文庫さま

最近の記事
嬉しやvコメント
嬉しやvトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。