妄想力を使えば見つかる妖しい仲の男たち

Prev  «  [ 2017/04 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  » Next
プロフィール

きろく

  • Author:きろく
  • 微萌度数を★マークで
    示してみました。
    ★の多いほど『あからさま』
    少ないほど『努力を要す』です。

    本タイトル一覧
    2010・12月末現在)

ブログ内検索
カテゴリー
リンク
フリーエリア

うかれぽんち同盟


CMアニメが面白いのです


無料カウンター

with Ajax Amazon

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 アニメ 昭和元禄落語心中

最近、情報キャッチ力がゆるゆるでいけません。
これも知りませなんだ 昭和元禄落語心中アニメ化 !
初回放送を偶々TVで観る事が出来て、その時に知ったという …
落語の妙をアニメで 声優さんが魅せる というのは難しいんでないかぃ?
と、思っていたのですが
そこはイメージ映像とか 表情でのキャッチとかが織り込まれて
八雲師匠の魅惑の語りっぷりなども 素敵に観せてもらえたかなぁ と ♪
与太さんの落語の熱やら助六さん寄りなタイプという奔放さとかも感じさせてくれて
そこも素敵でありました ♪
ちょっと与太郎さんの表情が軽すぎるかい? とも感じちゃいましたが
そこはアニメとなると致し方ない部分なのですかね …
何しか
八雲師匠の素敵さが ちゃんと八雲師匠らしく 素敵だったので
( この言い回しで 気持ち伝わりますでしょか? )
次回が楽しみなアニメ作品でありました ♪

『 アニメ 昭和元禄落語心中 』 公式サイト 

『 昭和元禄落語心中 』 公式サイト

昭和元禄落語心中(1) (ITANコミックス)
雲田はるこ
B009KYCT24


もうすぐ最新 9巻がでます。

昭和元禄落語心中(9): KCx
雲田はるこ
4063808327

C

omments

アニメ始まりましたか
アニメ化で話題になったとき「どんなんだろう?」と原作コミック1巻だけ読みました。
八雲師匠、落語の求道者でストイックなお見かけの下に熱い情念が秘められてて、色気したたるお方ですね。
これをアニメでやるのは声優殺しだわ~と思いましたが、八雲師匠役の声優さんもかなりな求道者との噂なので見てみたいです(^-^)

(^_^)/みつ URL | 2016/01/12 17:06 [ 編集 ]

ほんとに
アニメで落語って声優殺しなハードな事ですよね。
監修協力に江戸落語の落語協会がついてるのも本気度伺えて・・・
私はもともと落語スキーでもあるので
色んな気持ちで次回放送が楽しみな作品に会えました♪

きろく URL | 2016/01/15 19:12 [ 編集 ]

佳境ですね
先日のアニメ、菊さんと信さんの掛け合い「野ざらし」が色っぽくていちゃいちゃで鼻血もんでした。
信さんを鞄で引っぱたく菊さんのツンデレぶり、親子3人のお手々繋ぎ、小夏ちゃんの髪を切る菊さんのオカンっぷり、もうもうごちそうさまです。
煙草を吸う仕草やら眼の動きやら、菊さんの色気が動きがつくと引き立ちますね。
声優さんも凄いなぁと感心します。
あー、でも次回は辛い展開か・・・

きろく様、落語スキーなんですね。
大学時代に池袋に何回か聞きに行きましたがその後行ってないなぁ。

(^_^)/みつ URL | 2016/03/21 12:12 [ 編集 ]

二期が楽しみで♪
いただいたコメントへの反応が遅くてほんと失礼してしまいました(汗)
放送終わっちゃいましたね~、もう胸痛い展開で(涙)
師匠の墓前でのシーン
「信さん何か言ってあげてよ!せめてしっかり笑んでおやりよ~」って
夜更けにひとりウルウルしてしまいました。
第二期の放送が待ち遠しいですね♪

そして はい♪私 落語スキーでございます♪
今は近場に落語のかかる寄席も劇場もなくって
時々 近所のお寺さんで若手落語家さんがワンコイン寄席とかなさったりするのを
聴きにいくくらいなんですが …
池袋で ということは江戸落語ですかしら♡
私は上方落語を聴く割合のほうが多いのですが
それぞれ雰囲気があって どちらも好きで♪
落語ってポロポロと 聴いててニヤッと嬉しくなってしまう野郎2人 が
登場するのも楽しいですよね~ ウッフッフ♡

きろく URL | 2016/04/14 15:12 [ 編集 ]

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです

| 2016/10/21 11:08 [ 編集 ]

P

ost omments


T

rackbacks

この記事のトラックバックURL

http://weil.blog6.fc2.com/tb.php/1047-d73274fc


今月の1冊とは
毎月1作品
ちょっとニヤリな古典をお届けします。
作品タイトルをクリックすると 
『 青空文庫さま 』 等リンク先サイト様の
作品本文ページが別窓で開きます。

今月の1冊

『人蔘の精』
田中 貢太郎著
青空文庫さま

最近の記事
嬉しやvコメント
嬉しやvトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。