妄想力を使えば見つかる妖しい仲の男たち

Prev  «  [ 2017/08 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
プロフィール

きろく

  • Author:きろく
  • 微萌度数を★マークで
    示してみました。
    ★の多いほど『あからさま』
    少ないほど『努力を要す』です。

    本タイトル一覧
    2010・12月末現在)

ブログ内検索
カテゴリー
リンク
フリーエリア

うかれぽんち同盟


CMアニメが面白いのです


無料カウンター

with Ajax Amazon

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大晦日ですね 今年は金田一さんです

大晦日でございます。
振り返れば今年もバタバタしてるだけで過ぎて行ってしまった感のみ …
まぁ個人的に毎年恒例になってる 年末乱歩or横溝作品再読耽溺 を
今 楽しめているので総合的には
「 よろしかったんでないかな 」 という1年でした。

その 私限定年末恒例の<乱歩or横溝作品再読耽溺祭り>
今年は 横溝金田一さん の短編を集めたものをチョイス。
出版芸術社刊 「 金田一耕助の帰還 」 と 「 金田一耕助の新冒険 」
それぞれ短編が7作程度読めます。
後に横溝氏自らが中編長編に書き直しているものばかり。
原型 ともいえる短編群は犯人が判明するクダリ等々が
凄くあっさりサックリしていて 後に書き直された中長編を思うと
物足りない感がしてしまうのは仕方がないのですが
短編は短編でそのサックリ感が心地良くもあったり …
何よりも 金田一さんの魔性っぷりがぺロっと味わえてイイ (笑)
短編を集めたら
金田一さんは等々力警部と会ってばかりいる という事が浮彫りになってますよ!
「 特に事件というわけではなく個人的に会って 」 ばかりいますよ!
金田一さんには等々力さんだけでなく
パトロンやら心酔者やら他にもいっぱいいるのにね!
そんな 猫のような魔性の青年金田一さんを楽しみつつ年越ししたいと思います ♪

今年もご訪問 コメント 私の知らなかったニヤリなおすすめ など
色々ありがとうございました m(_ _)m
皆さま よいお年を ♡

C

omments

P

ost omments


T

rackbacks

この記事のトラックバックURL

http://weil.blog6.fc2.com/tb.php/1044-7bdbfdc6


今月の1冊とは
毎月1作品
ちょっとニヤリな古典をお届けします。
作品タイトルをクリックすると 
『 青空文庫さま 』 等リンク先サイト様の
作品本文ページが別窓で開きます。

今月の1冊

『人蔘の精』
田中 貢太郎著
青空文庫さま

最近の記事
嬉しやvコメント
嬉しやvトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。