妄想力を使えば見つかる妖しい仲の男たち

Prev  «  [ 2017/09 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  » Next
プロフィール

きろく

  • Author:きろく
  • 微萌度数を★マークで
    示してみました。
    ★の多いほど『あからさま』
    少ないほど『努力を要す』です。

    本タイトル一覧
    2010・12月末現在)

ブログ内検索
カテゴリー
リンク
フリーエリア

うかれぽんち同盟


CMアニメが面白いのです


無料カウンター

with Ajax Amazon

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

その死者の名は 他

エリザベス・フェラーズ著 【 トビー・ダイクシリーズ 】
オンライン書店ビーケーワン:その死者の名は
『 地獄の底まできみにつきあうとも、ジョージ 』

長身細身体型・面長鉤鼻色黒で野性的な黒い瞳黒い髪 のトビー・ダイク
低めの身長ぽっちゃり気味・ピンクの肌の丸い顔、
空色の瞳に金の髪 の“ジョージ”

自分たちは ほとんど関係ない立場であるにも係わらず
誰に頼まれもしないのに事件のド真ん中に顔を突っ込み
事件当事者たちから少なからず疎まれつつも意に介することなく
どんどん探偵捜査をしてしまう彼ら。 ( 主にトビー )

表立って探偵顔をして捜査しているのはトビーなのだけど
実際に的確な判断力で事件の真相を探り当てるのはいつもジョージ。
その事実はトビー自身も自覚済。ジョージの頭脳を認めていて
自分がいつも的外れだということも分かっているのだけど
探偵捜査が大好きで止められない。

ジョージはいつも控えめ態度・・・・ だけど
トビーと二人きりの時は結構ハキハキてきぱき強気な物言い。
過去に訳ありらしいジョージ、この名前だって本当じゃなさそう。
その “ 訳 ” をちゃんと知った上で行動を共にしているトビー。
二人いつでも一緒にいるのが当たり前 らしいですよ。

トビー・ダイクシリーズ
1、その死者の名は 2、自殺の殺人 3、細工は流々 4、猿来たりなば
5、ひよこはなぜ道を渡る( 2006・2・23発売 )

微萌度:★★ ( ジョージの姿がちょっと見えないとトビーが気にする気にするv
    この作家さんの書く女性陣、あまり可愛げなくムカつく系が多い気がします )

テーマ : 腐女子的読書感想
ジャンル : 本・雑誌

C

omments

P

ost omments


T

rackbacks

この記事のトラックバックURL

http://weil.blog6.fc2.com/tb.php/104-56b8ac03


今月の1冊とは
毎月1作品
ちょっとニヤリな古典をお届けします。
作品タイトルをクリックすると 
『 青空文庫さま 』 等リンク先サイト様の
作品本文ページが別窓で開きます。

今月の1冊

『人蔘の精』
田中 貢太郎著
青空文庫さま

最近の記事
嬉しやvコメント
嬉しやvトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。