妄想力を使えば見つかる妖しい仲の男たち

Prev  «  [ 2017/05 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
プロフィール

きろく

  • Author:きろく
  • 微萌度数を★マークで
    示してみました。
    ★の多いほど『あからさま』
    少ないほど『努力を要す』です。

    本タイトル一覧
    2010・12月末現在)

ブログ内検索
カテゴリー
リンク
フリーエリア

うかれぽんち同盟


CMアニメが面白いのです


無料カウンター

with Ajax Amazon

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

古道具屋 皆塵堂シリーズ

  気持ちのいい野郎どもが ワチャワチャやってます

古道具屋 皆塵堂 (講談社文庫)
輪渡 颯介
4062777967

“ 特別な古道具屋 ” 皆塵堂を中心に
江戸の町のそこかしこに潜む闇の世界、逝ってしまった人の念と
今生きる人々の生き様、心を描く怪談時代物シリーズ。


いわく付きの品物でも気にせず(?)扱う古道具屋・皆塵堂
店主の伊平次と住み込みで働く少年・峰吉は肝が据わった剛の者。
1巻目では 浅草の大店道具屋・銀杏屋を継ぐことになった青年・太一郎が
皆塵堂へ見習い修行に来るお話。
何故 立派な大店古道具屋の後継ぎが皆塵堂のような古びた小さな店で
住み込み見習い修行をさせられるのか …
それは太一郎さんが 古道具屋を商うにはちょっと困るような特別な人 だったからで。
って
あまり言っちゃうとネタバレすぎるので止めときます。

シリーズは現在の所 4巻まで出ています。
皆塵堂の伊平次さん・生意気小僧の峰吉くん
色々受け入れて却って清らかさ増したような、人物が大きくなった感じの太一郎さん。
その幼馴染でムードメーカーちっくな魚の行商人・巳之助さん。
他にも 巻ごとに素敵な人たち仲間たちが増えていきます。
それが悉く、老いも若きも 殿方です (笑) 勿論 登場人物には女性もいます。
でも レギュラーになっていくのは殿方たち (笑)
“ この人とこの人がイイ! ” ってニヤリは今のとこないんですが
この殿方祭り状態が、彼らの関わり方想い合いかたが 心地よかったり …

「 人情怪談騒動記 」 なんて説明がついてるシリーズ。
がっつり怪談話じゃないんですが、怪異の描写が結構怖い (汗)
1作目はまだそうでもなかった気がしますが
2作目の 『 猫除け 』 結構 怖い場面が …(汗)
おぞぞ~ っと怖い日本の怪談らしいシーンが出てきますので
この夏休みに如何でしょ。
と言っても そこは 人情騒動記 ですから
気軽に楽しく読めまするよ ♪

猫除け 古道具屋 皆塵堂 (講談社文庫)
輪渡 颯介
4062779161

( 順次文庫化されていくようです。以下の続刊も文庫化待ちって手もありかもしれませんね )

蔵盗み 古道具屋 皆塵堂
輪渡 颯介
4062182378


迎え猫 古道具屋 皆塵堂
輪渡 颯介
4062188384


微萌度 : ★★☆ ( ニヤリって意味ではちょっと★多すぎかも…
          ですが、心地よく野郎祭りってことで )

C

omments

P

ost omments


T

rackbacks

この記事のトラックバックURL

http://weil.blog6.fc2.com/tb.php/1019-032840a5


今月の1冊とは
毎月1作品
ちょっとニヤリな古典をお届けします。
作品タイトルをクリックすると 
『 青空文庫さま 』 等リンク先サイト様の
作品本文ページが別窓で開きます。

今月の1冊

『人蔘の精』
田中 貢太郎著
青空文庫さま

最近の記事
嬉しやvコメント
嬉しやvトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。