妄想力を使えば見つかる妖しい仲の男たち

Prev  «  [ 2017/11 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  » Next
プロフィール

きろく

  • Author:きろく
  • 微萌度数を★マークで
    示してみました。
    ★の多いほど『あからさま』
    少ないほど『努力を要す』です。

    本タイトル一覧
    2010・12月末現在)

ブログ内検索
カテゴリー
リンク
フリーエリア

うかれぽんち同盟


CMアニメが面白いのです


無料カウンター

with Ajax Amazon

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レントゲン

 今 心を揺さぶるその想いを …

もうすぐ冬季オリンピック ソチオリンピックが始まりますね。
フィギュアスケート とにかく皆さん 「 これでどうだ! 」 な演技を
披露できますことをお祈りして …
( アイスダンスは地上波TV放送してくれないのかな。観たいなぁ )

今回はフィギュアスケートの世界に生きる少年たちの成長を描いた作品
『 クリスタルエッジ シリーズ 』 のスピンオフ作品 と言っていいのかな?
シリーズの主人公の一人である輪くんを支える素敵にニヤリな友・橘廉太郎くんがメインです。

レントゲン (YA!ENTERTAINMENT)
風野 潮
4062694778

廉太郎と弦次郎 年子で学校では同学年となっちゃった兄弟。
バイオリンを心から愛する弦次郎。
そんな弟と一緒に何となくやってみたら
コンクールで弟よりも上位の成績を残してしまった廉太郎。
懸命にバイオリン演奏と向かい合っている弦次郎にとって
それは大きなショックで …
同時に そこまでのめり込めるものがある弟が羨ましく、
小器用に何でも熟せるが、熱中できるものに出会えない自分が寂しい廉太郎。
高1となった今、それぞれが抱いているコンプレックスのために
元々は仲の良かった兄弟の関係はギクシャクとしていて …


高1
夢と現実の距離 実現なるのかどうなのか が朧に見え始めて
それにどう向かい合ってこの先の人生を進むのかを悩み始める頃ですねぇ。
そんな所にどっぷりハマり中の弦次郎くん。
お兄ちゃんの廉太郎くんは 具体的にどの道へ進むのか という以前の、
のめり込めるものすらない って段階。
だから 弟の事が羨ましくて 応援したくて …
そんな兄弟の姿と同時に
過去に起きた大きな事件、それに関わっていた身近な人達、
高校で出会ったキラキラした友人たち … と色々描かれていきます。
橘兄弟の同級生には
クリスタルエッジシリーズの主人公のひとり・葵くんがいますよ ♪
もうキラッキラしてますよ (笑)
執念のギター部(笑)の神野くんも魅力的です。
がつがつどんどん凄い勢いでとっても好青年 ♪
スパニッシュギターを弾かせたらその場を一変させてしまう世界感!
風野さんの作品にはとっても魅力的な少年青年たちが
こんなタイプあんなタイプ てんこ盛りで登場してくれますねぇ v
どなたでも必ずタイプの人物が見つかるんじゃないかしら。
そしてお好みのニヤリなコンビも … v

クリスタルエッジ・シリーズのニヤリはこんな感じでした。

『 クリスタルエッジ 』『 目指せ四回転! 』
『 決戦・全日本へ! 』

微萌度 : ★★★ ( 輪くんもチョコっと現れます♪やっぱり廉太郎くんと フフフv )

テーマ : 腐女子的読書感想
ジャンル : 本・雑誌

C

omments


きろくさんの感想を読んでいるといつもながら読んでみたくなりますね(笑)
というわけで「クリスタル・エッジ」1冊目を読みました。
フィギュアスケート観戦するの大好きなのでとても楽しく読めました~
「パイレーツ・オブ・カリビアン」で滑る試合のシーンは実際に観戦しているようでした。

外見は可愛らしい子たちでも中身はしっかり男の子だったり、それぞれ等身大の悩みを抱えているところが好感が持てました。

私の萌えボタンは青年以上おっさん中心に反応するもので、そちらのニヤリはありませんでしたが楽しかったです♪

(^-^)/みつ URL | 2014/09/09 23:45 [ 編集 ]

おぉ!
この作品、スケートシーンでのイメージの伝わり方がほんと素敵ですよね。
風野さんの 音や動きや空気感や高揚感を伝える文章 凄いと思います。
『レントゲン』でも ギターの演奏での高揚に飲み込まれ引っ張り込まれるシーンがありました。
青年以上おっさん… は足りないシリーズですが よろしかったら
『レントゲン』まで味わってみてください♪
(私も 青年以上おっさん最高 タイプです♪)

きろく URL | 2014/09/16 20:40 [ 編集 ]

P

ost omments


T

rackbacks

この記事のトラックバックURL

http://weil.blog6.fc2.com/tb.php/1004-1b9f15cc


今月の1冊とは
毎月1作品
ちょっとニヤリな古典をお届けします。
作品タイトルをクリックすると 
『 青空文庫さま 』 等リンク先サイト様の
作品本文ページが別窓で開きます。

今月の1冊

『人蔘の精』
田中 貢太郎著
青空文庫さま

最近の記事
嬉しやvコメント
嬉しやvトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。